達人の館

   本物の芸をじっくりと味う、大人のためのコンサートを企画します

今度の日曜日、10月22日はいろいろ立て込んでいて大変です。
「衆議院選挙」「時代祭」「鞍馬の火祭り」、
そして「ヴェルディ・サロン・ライヴ」。
中でも、今度の選挙は大事な大事な選挙です。
投票率が下がらないよう心から願っています。

私も、以前は政治について結構、書かせていただいていました。
ところが今年の春、東京に住んでいる3女と電話で話している時
「パパ、時々政治的な意見を書いているけど
パパのような仕事をしている人は
余りそういうことに触れない方がいいと思うよ。
パパが企画したものを見てくれている人たちだって
いろいろな意見を持っているんだから」と言われました。

「そうか。パパがいいと思ってやっていることを見たり、
聴いたりしてくれている人が、
政治的に違う意見を持っていたら
いい感じがしないかも知れないね」。
私はその時は素直にそう思いました。

音楽や演劇を愛してくれている人には、
政治的な意見は目障り、
耳障りかもしれないと思ったのです。
暫く私は意識して発言を控えていました。
しかし、投票日が近づき、情勢予測が報じられる度に
「危ないぞ!」
と思わずには居られないのです。

72年前敗戦を味わい、
2度と戦争をしてはならないと
誓った人たちがどんどん減ってきています。
「のどもと過ぎれば熱さ忘れる」どころか
「熱さ」を経験してない人たちが多くなってきています。
再び戦争が起こったら、今度は間違いなく核戦争になります。

たった2発の原子爆弾で広島と長崎が
あの惨劇に見舞われましたが、
今度はどれだけの核爆弾が使われるか分かりません。
ひとたび戦争が始まったら勝ちも負けもありません。
人類が破滅に向かいます。
戦国時代の戦争とは違うのです。
今も行われているアフリカ大陸での紛争とも違います。
とにかく戦争が始まらないように、
辛抱強く交渉を重ね
お互いに歩み寄る努力をしなければなりません。

なかなか交渉の成果が挙がってこなかったのも事実です。
しかし、戦争に至らずに来たことも
評価しなければいけないと思います。
指導者が感情的に熱くならず、
冷静に対処してくれることを願わずに入られません。
如何にして戦争を回避し、
貧しくとも平和な日々を実現していくかが
為政者の肩にかかっています。

この世界の危機は
戦前の日本に立ち返るような動きでは決して乗り切れません。
日本の平和憲法は、勝った方も負けた方も
2度と戦争をしてはならないと言う深い反省の元に生れました。
決して押し付け憲法とは違うと思います。
この、平和憲法を今の世界情勢に生かさない手はありません。
戦争に向かうのではなく、
戦争を避ける道を模索する政治家の出現を切に願っています。

(一般社団法人 達人の舘  代表 橘市郎)

 

今日は10月のヴェルディ・サロン・ライヴのご紹介をいたします。

まず1015日(日)フルートの池田清美さんで、
ピアノ伴奏は「江藤ゆう子 昭和を歌う」で
お馴染みの笹井順子さんです。
お二人はベテランの演奏者ですが、
今回は江藤ゆう子さんを通じて出演を依頼しました。

池田さんはクラシックのみならず幅広いレパートリーを持ち、
ジャズやポップスにおいても素晴らしい感性を発揮しています。
笹井さんは作曲・編曲も手掛け、
私が尊敬しているマルチ・タレントです。
お客さまの心理を充分に知り尽くした
お二人のエンターティナーぶりが楽しみです。

                 ★

1022日(日)は毎回
テノール
の醍醐味を満喫させてくれている
井藤航太さんの登場です。
井藤さんは東大の医学部卒業という
異色のキャリアを持った方ですが、
東大在学時からオペラの主役を務めてていました。
卒業後は毎年イタリアに渡り、
往年の名歌手や名指揮者の指導を受けています。
先輩である東大卒の川越塔子さんと同様、奔放な姿勢が素晴らしく、
伸びのある高音はイタリアのテノール歌手を思わせるものです。
井藤さんはイタリア研修仲間の井上大聞さんに紹介されました。

なお、この日のピアノ伴奏はチラシに坂口航大さんとありますが、
正しくは塚田尚吾さんです。
当日塚田さんのプロフィルを別刷りで配布させて頂きます。
坂口さんにもお詫びいたしました。

                 ★

10
29日(日)ヴァイオリンの泉谷更沙さん
ヴィオラの後藤彩子さん
メゾソプラノの山下まりえさんのジョイント・コンサートです。
泉谷さんと後藤さんは初夏に一度登場していただきましたが、
息の合った繊細な演奏が好評でした。
今回は山下さんを加えての豪華な共演ですが、
ピアノ伴奏を入れず弦のみの音色に声が加わるという興味深いものです。
曲目もミュージカル・ナンバーがあったり、
バラエティーに富んでいます。
カフェ・ヴェルディの空間にぴったりの
大人のアンサンブルをお楽しみ下さい。

サロン・ライヴは早くも丸1年となります。
皆様のご協力があって、軌道に乗ってまいりました。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
ライヴを楽しむには絶好な季節、
ご来場を心よりお待ち申し上げております。


予約・お問い合わせ 
カフェ・ヴェルディ TEL(075) 746 - 4310

(達人の舘  代表 橘市郎)

10月2日に京都造形芸術大学・通信学部の教員、職員を対象とした
特別研修があり、講師を務めてきました。
教員、職員合わせて約25名ずつ計50名の参加がありました。
「美しい日本語で心を伝える」というテーマでしたが
約3時間半、熱心に受講していただき
気持ち良く終わることが出きました。

年齢に幅のある約7000人の学生をケアしていくのは
大変だと思いますが、教職員が一丸となって支えていこうという
姿勢が伝わってきて、いい刺激を受けました。
いろいろ段取りをしてくださった担当者の皆さんにお礼申し上げます。

講義が始まる前に少し時間があったので、
春秋座に寄ってオペラ『魔笛』の
アンケート結果を見せてもらいました。
2日間合わせて約200枚が回収されていましたが、
「私はオペラを見に来たのであって、
ミュージカルを見に来たのではない」
「これは学芸会?」といった枚以外は
「初めてオペラを見たが素晴らしかった」
「歌舞伎劇場でやるオペラらしく花道を使ったり、
盆を回したりして面白かった」
「粒ぞろいの歌手のレベルが高かった」などなど
ほとんどの方が褒めてくださっていました。
特にうれしかったのはオペラ初体験のお客様が多く、
そういったお客様に楽しんでいただけたことです。

ともすれば「高尚なもの」「堅苦しいもの」「退屈なもの」と
敬遠されてきたオペラがエンターテインメントとして認められたとしたら、
こんなにうれしいことはありません。
今回、多くの方からご好評をいただいたのは
「オペラとはこういうものだ!」と決め込まず、
春秋座という劇場の機構を有効に生かし、
人間の生の声の魅力を十二分に伝えられたからだと思っています。

公演監督の松山郁雄さん、指揮の大勝秀也さん、
演出の三浦安浩さんを始めとするスタッフ皆さん。
オーケストラ、コーラス、助演の皆さん。
そしてベテランのオペラ歌手とオーディションで役を勝ち得た
若手のオペラ歌手の皆さん。
チケットを一生懸命に売ってくれた皆さん。
文字通り全ての方たちによって成りたった
総合芸術の醍醐味を感じさせてもらいました。

来年の『蝶々夫人』に向け、また新たな歩みを始めたいと思います。
皆様本当にお疲れ様でした!

(オペラ『魔笛』公演プロデューサー/達人の館 代表 橘市郎)

 

 

 

 

 

 


2324日の両日に行われたオペラ『魔笛』が無事終了いたしました。
台風がやって来るかもしれない。
ミサイルが飛んでくるかもしれないという緊迫した
月中旬から後半にかけての日程でしたが、
幸運にも影響を受けずに開催されました。
前の週でしたら少なからず台風の影響を受けたことでしょうし、
本当についていたと思います。
その上、今回は複雑なエレベーションのある舞台装置、
しかも回り舞台が頻繁に使われ、
スッポンの上げ下げも何度か行われるという危険極まりない演出でした。

出演者もスタッフもさぞや緊張したと思います。
演出の三浦安浩さんや舞台監督の青木一雄さんが何度も注意を喚起し、
出演者も慎重に対処したため無事終了することが出来ました。
お客様もスリリングな舞台を興味深く見ていただけたと思いますが、
舞台監督の経験のある私はいつも緊張しておりました。
でも、何の事故も無く、無事終えられたのはみんなが約束事をきちんと守り、
真摯な気持ちで舞台を努めたからだと思っています。
別に危険な冒険をしたわけではありませんが、
少しでも甘い態度で臨むと往々にして事故が起こるものなのです。

ヶ月に渡る稽古が続きましたが、
全員が元気に役割を果たしてくれたことに感謝したいと思います。
演出の三浦さんはいつも物静かに自分の意図をスタッフとキャストに伝えていました。
指揮の大勝秀也さんもユーモアを忘れず厳しい稽古をしてくれました。
公演監督の松山郁雄さんに至っては、出演も兼ね
キャストとのコミュニケーションを実に巧みに取っていたと思います。

全ての参加者が気持ち良く、
作品作りに取り組んだ成果が舞台全体に溢れていたように思います。
作品の評価はあくまでもお客様が判断してくださることですが、
ひとつの目標に向かって全員が協力し合って作り上げた課程については
公演プロデューサーとして高く評価し、心から感謝しております。
お客様の感想についてはまた改めてご紹介いたしますが、
ここでは回行われた「春秋座オペラ」の中で
今回の『魔笛』が最も多いお客様に来ていただいたことをご報告し、
来年に行われる『蝶々夫人』に向かって、
さらにいい作品作りに取り掛かりたいと思います。
先ずはご協力いただいた方々に心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

(一般社団法人 達人の舘 代表/『魔笛』公演プロデユーサー 橘市郎)



9月18日、台風一過の秋晴れの日にオペラ「魔笛」の舞台稽古が行われました。
今年は月に日間、春秋座での稽古はあったものの、
ほとんど大阪、兵庫での稽古だったためなかなか立ち会えず、
スタッフ、キャストとも久しぶりの再会でした。
照明、衣装は地明かり、稽古着でしたが
舞台装置は本番どおり仕込まれた中での稽古。
柴田隆弘さんと学生が作り上げたユニークな立体的なセットは
スタッフ、キャストにやる気を起こさせるものでした。
歌も台詞もほぼ仕上がっていて、稽古の厳しさが伝わってきました。
公演監督の松山郁雄さん、演出の三浦安浩さん、
指揮者の大勝秀也さんを始めとする
スタッフの献身的な働き振りが伝わってきました。

主役クラスの充実した歌唱、演技は当然ですが、
私が特に感心したのは、組の侍女と童子の活躍ぶりです。
お互いが初日組みと2日目組に負けまいとする、
いい意味でのライバル意識をむき出しにして、
切磋琢磨している姿は清々しさを感じさせました。
侍女組みは、もともと歌唱力があるメンバーが揃っていますが、
緻密なアンサンブルといい、
一人ひとりのキャラクター作りに工夫のあとが見え、
奥行きのある侍女トリオとなっていました。

童子組みは、これがオペラ歌手? と
目を疑いたくなるような躍動感溢れる動きをしています。
ミュージカル・タレントのようなオペラ歌手たちの
出現といっても過言ではありません。
もちろん歌唱はしっかりしたオペラ歌手のものです。

幕が上がる前に余りほめてはいけませんが、
この2組のアンサンブルの活躍が
他の役の人たちに刺激を与えているのは事実です。
もう5日もしないうちに初日の幕が上がりますが、
オペラ・ファンのみならず、オペラが初めての人にも楽しく
聴いて、見ていただける作品になることは間違いありません。
当日売りも若干ございますのでぜひお見逃し無く。
今までの「魔笛」では見られなかった溌剌としたエンターテインメントです。
それにしてもモーツァルトの音楽は美しいですね。

(達人の舘 代表 橘市郎)
詳細はこちら
(チラシをクリックすると特設サイトにジャンプします)

9月23日(土)14:00 S席は完売
  24日(日)14:00
春秋座(市バス上終町京都造形芸術大学前)
 S席 一般 10000円
 A席 一般 8500円
 学生&ユース席 3000円(座席範囲指定)

↑このページのトップヘ