達人の館

   本物の芸をじっくりと味う、大人のためのコンサートを企画・主催しています。

毎日、往年のオペラ歌手を聴きまくっているので、
9月8日の夜にCD「小田和正・自己ベスト」を久し振りに聴いてみました。
もう随分前に収録されたものですが、
全く新鮮で聴き応えあるものでした。

もともと澄んだ美声で、テノールのポピュラー歌手と思っていましたが、
それ以上に作曲家としても詩人としても
非常に優れた才能を持っていることを再認識しました。
彼の旋律に乗せられた日本語は、実にアクセントが正確です。
それ故に歌詞が大変分かりやすく、
詩の内容が素直に伝わってきます。
思わず過去の風景が思い出となって蘇って来るのです。
フォークソングのような素朴さを持ち、
洗練された歌謡曲のような世界をも感じさせるんですね。
それに音楽的には非常に洗練された新しさがあるので、高尚な感じがする。
何を言っているのか分からない曲や
どこの国の人が歌っているのか分からない曲とは明らかに違うのです。

私は小田和正というミュジシャンを高く評価したいと思います。
そしてクラシックでも、ポピュラーでも
優れたものは同じように評価されねばならないと改めて思います。
小田さんとは全くご縁がありませんが、
この人と仕事をご一緒する機会が無かったことは
かえって幸せだったかもしれません。
いつまでも一ファンとしていられるからです。

(音楽・演劇プロデューサー    橘市郎)

日のサロン・ライヴは女性歌手人による「オペラ名場面集」でした。
チラシに予告された曲目はむしろ地味なもので、
実際はプッチーニやヴェルディーの
有名なアリアや重唱がちりばめられていました。
4人の女性歌手は皆立派な声だったし、
ピアニストも伴奏者というよりはむしろソリストいった感じでした。
期待していた以上に贅沢なライヴにお客様も大満足していました。

確かに有名なアーチストの演奏を聴くのも楽しいけれど、
これからのオペラ界を背負って立つルーキーの演奏を聴くのも
いいものだとつくづく思いました。
これって全国高校野球を甲子園で見るのに
近いものがあるのではないでしょうか?
「若いって素晴らしい」と言う歌がありましたが、
まさにその楽しみを満喫した一夜でした。

すでにこちらのサロン・ライヴからは
何人かの有望アーチストが出ていますが、
これからも隠れた登竜門として認められていくことを目指したいと思います。


日は「春秋座オペラ・ガラコンサート」の初稽古が新大阪で行われます。
関西在住の何人かの歌手と公演監督の松山郁雄さん、
指揮の奥村哲也さんなどによるものですが、
久し振りの方もいるので私も楽しみです。
公演の15日前からガラ・コンサートの稽古が始まると言うのも珍しいのですが、
それはただ歌うだけではなく、いろいろと仕掛けがあるからでもあります。
どんなものになるか期待していて下さい。

(音楽・演劇プロデューサー  橘市郎)



音楽評論家、黒田恭一さんをご記憶の方も多いと思いますが
、黒田さんがお亡くなりになってから今年で10年になります。
1119(火)には東京の王子ホールで
「黒田さんの思い出を語る会」が行われます。
あいにく以前から決まっていた仕事とぶつかり上京出来ず申し訳なく、
奥様にお手紙を出したところです。
黒田さんは早稲田大学の先輩でしたが
演劇専修ではなかったので初めはご縁がありませんでした。
黒田さんを紹介してくれたのは当時NHKに務めていらした演劇専修の先輩、
千代田昌弘さんでしたが初めてお会いした時から「オペラ好き」が伝わり、
何かとお手伝いさせていただくようになりました。

翻訳、原稿書きといった学生にはもったい無い仕事を
いくつか回していただいたのです。
卒業公演のオペラ「イドメネオ」は、黒田さんが薦めてくれた演目でしたし、
訳詩もギャラ無しで引き受けてくれました。
私が東宝の演劇部に就職してからは、良く日劇にも来てくださいましたし、
時々音楽会の会場でお目にかかりお話しの機会はあったものの、
仕事でのお付き合いは直接無かったように記憶しています。
でも、あの穏やかな人柄はいつも私の尊敬する先輩の一人でありました。
若い時に黒田さんに教えられたことは一生心に残っていくことでしょう。
ここのところ昔の名歌手のレコードやCDを聴きまくっていますが、
その度に黒田さんの文章や話し声が目と耳を通して蘇ってきます。
黒田さん、ありがとうございました。
「思い出を語る会」には出席できませんが、
あなたのことはいつも忘れませんからね。

(音楽・演劇プロデューサー 橘市郎)


全国高校野球の熱戦が連日中継されています。
高校生たちが全力で青春を爆発させて挑戦する
純粋な姿に感動をよばないではいられません。
私のような年齢のものにも、その情熱が伝わってくる日々です。
ところで破れたチームの選手たちが揃って
グラウンドの土を袋に入れて持ち帰る風景は、
いつから見られるようになったかご存知ですか?

実は私も子供の頃は野球少年だったので、
高校生になったら野球部に入る積もりでした。
しかし、当時私の体重は48キロ、身長も163センチで
とても野球をやる体格とは思えず、
9人制のバレーボールでバックライト、
変則トップ・サーバーを務めることにしました。
それでも野球への興味は忘れられず、
同級生のお兄さんから筑波大学付属野球部の話をいろいろ聞いていました。

その竹田さんはなんと戦後、再開されたばかりの全国高校野球大会で
東京代表として甲子園に出場していたのです。
と言っても戦後間もない当時、硬式の野球部はほとんど無く、
数少ないチームの中から東京代表として甲子園に遠征されたようです。
結果は1回戦で敗退。
その時グラウンドの砂を袋に入れたのが、今も引き継がれているようです。
これが事実かどうかはきちんと調べて欲しいのですが、
いかにも筑波大学付属高校の生徒がやりそうなことだと思っています。

でもこの行動はいかにもロマンを感じさせるし、
この大会が感動を与える一場面になっていることには間違いありません。

8月19日現在勝ち残っているチームは4校。
いずれが優勝しても初といわれます。
いつまでもこの大会が引き継がれていくことを祈りたいと思います。

(音楽・演劇プロデューサー    橘市郎)



 

入院する前に62キロあった体重が遂に48キロになりました。
1年半で14キロ減と言うのは我ながら驚きます。
糖尿病というのは量を食べれば血糖値が上がるし、
量を減らせば体重が落ちるし、とっても厄介な病気です。
でも考えてみれば高校3年の時は48キロだったし、
競馬の騎手やボクサーには同じくらいの体重の選手が大勢います。
もしかすると高校生以後の体重は贅肉だったかも知れません。
いえ、そう言う事にしたいと思っています。

「わあ、藤田菜七子ちゃんと同じ体重になっちゃた」
そう言いながら頑張っています。
痩せている者は先ず食料が少なくてすみます。
満員電車緩和に貢献しています。
でも重いものを持ったり、格闘でもすると不利は否めません。
やはり中肉中背が一番いいようですね。
何事も中庸が大切。
中立と言うことが尊ばれる意味が解ったような気が致します。
今日からは何事も前向きに考えて、現在出来る事に挑戦して行こうと思います。

*

私はこれまで、随分大勢の方と仕事をしてきたと思います。
ことに先輩と言われる方たちにはどれほどお世話になってきたかわかりません。
中には個性的な上司も随分いました。
でも良く考えてみると立派な人と言うのはどの方も、
決して威張らなかったように思います。
偉ぶると言うか、居丈高に接する人で
尊敬できるような人は一人もいませんでした。
仕事が出来、説得力のある方は皆んな謙虚でした。
人の話にじっと耳を傾け頷きながら、
自分はこう思うんだけれどと説得する方が多かったような気が致します。
威張らない謙虚さがどれほど人の心を動かした事でしょう。
力ずくで人を説得するのではなく、
思いを素直に語る姿勢が大切なのは、どの世界にも言える事なのでしょう。
この事は政治の世界でも同じだと思うのですが。

 (音楽・演劇プロデューサー 橘市郎)





↑このページのトップヘ