一瞬の静寂

音楽・演劇プロデューサー・橘市郎のブログ。日々思ったことを綴っています。 東宝(株)と契約し、1973年にプロデユーサーに。1981年独立後は、企画制作会社アンクルの代表をつとめ、中野サンプラザからの委嘱で「ロック・ミュージカルハムレット」「原宿物語」「イダマンテ」を、会社解散後は「ファンタステイックス」「ブルーストッキング レデイース」などのミュージカルを制作。 2001年京都芸術劇場の初代企画運営室長。

テレビをつけても、新聞を開いてもコロナ、コロナの記事で一杯ですね。まさに世界中がコロナの脅威におびえています。
状況が毎日毎日悪化していく感じで誰もが暗い気持ちになっています。こんな時に思い出すのがドリス・ディが歌って大ヒットした「ケ・セラ・セラ」という曲です。当時は「先のことなど判らない。ケ・セラ・セラ」という歌詞を聴いて、随分無責任な歌詞だなと思っていましたが、今はその通りだなと共感しています。どんな事態になろうとも先のことなど誰にも判らないのです。

競馬の予想と同じで、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」なのです。そうであれば都合のいい結果を期待して、最善の備えをした後はどっしり構えるしかありません。楽観過ぎると思われるかも知れませんが「先のことなど判らない」というのは真実です。ともすれば悪い結果に怯え右往左往するのはかえって危険です。

皆さん、我々庶民は自分に出来る事を誠実に実行するしかありません。
慌てず騒がず落ち着いて行動しようではありませんか。


先日、BSの「ザ・インタビュー」という番組に由美かおるさんが出演しているのを見ました。相変わらずプロポーションを維持され、西野式の呼吸法を教えている若々しい姿を見てうれしく思いました。
由美かおるさんは私の大好きなアイドルであると同時に、仕事上大変縁の深い人でもありました。日劇で山城新伍さんと共演された「かごや三銃士」というミユージカルや同じく日劇で行われた「グリース」というブロードウエイ・ミュージカルに主演していただいたのです。合気道を紹介するショーにも特別出演していただきました。

由美さんは京都の八百屋さんのお嬢さんで、芸事に関しては根性娘でしたが育ちはおっとりした品のある京女でした。後年、絵を描いたり、アコーデオンに挑戦したりしましたが、その多芸さは驚くばかりです。どんなに売れっ子になっても恩師である西野先生を慕っている律儀さが由美さんの人柄といえるでしょう。

年ほど前でしょうか、大学の方に訪れてくれた時には子供芸大まで行ってピアノの弾き語りを披露してくれましたが、その演奏が春秋座の舞台で聴けることはありませんでした。今でも由美さんの春秋座公演が実現できなかったのが残念でなりません。これからも益々元気にご活躍されますことを祈っています。

京都にお越しの際はまたお目にかかれるといいですね。

(音楽・演劇プロデューサー  橘市郎)

 

 

新型コロナ・ウイルスの発生以来いろいろ異変が起こっています。何処の薬局、スーパーに行ってもマスクやトイレット・ペーパーがないという事態です。こういう事態を見て私はあることを思い出しました。

私は春秋座という劇場の運営に携わっていた時、何回か非常時の避難訓練をやっていました。
普段ならば劇場が終演してから、お客様が退出されるので流れはスムースなのですが、万が一火災や地震が発生した時には、出口に殺到するお客様でパニック状態に陥りやすい非常時こそ慌てないということが如何に大事かを知って貰いたかったのです。

今回の事態は一種のパニックと言っていいでしょう。
自分だけは助かりたいと思うのは、生存本能かも知れませんが、そこを冷静になって考えて欲しいのです。我先にと殺到することが危険なのだということを。
マスクやトイレット・ペーパーが何時までも無くなるなんて事はないのです。
何かあると、わっと同じ方向に向かって走る群集心理に陥らないようにしたいものですね。


北大路欣也さんは早稲田文学部の演劇科出身で私の年後輩ですが、在学中は全くご縁がありませんでした。ところが帝劇杮落しのミュージカル「スカーレット」で二人は突然出会うことになります。
私はこの時、音楽担当の演出助手をしていたのですが、主役のレッド・バトラー 宝田明さんが映画の撮影中怪我をされ、急遽代役に北大路さんが選ばれたのです。
初日まで1週間、私は練習室に北大路さんと音楽指導の先生とこもり特訓を重ねました。
その結果、彼は俳優でありながら才能と努力で立派に代役を務め、公演を大成功に導いてくれました。

この時のハイライトLPが在りますが、今聴いても素晴らしい歌唱に吃驚させられます。
この時の歌唱が忘れられず、北大路さんには後年、中野サンプラザでのコンサートやいくつかのホテルのディナーショーもやっていただきましたが、石原裕次郎さんにも負けず劣らずの成果を挙げてくれたものです。最近は年賀状のみの交流になっていますが、その礼儀正しい人柄は相変わらずです。

その北大路欣也さんがよく言っていた「人は生かされている」いう言葉が最近味わい深く感じられるようになりました。若い頃は「生きる」という言葉ですんでいたのですが、「生かされている」がひしひしと迫ってくるのです。私が歳をとってようやく解って来たことを北大路さんは若くして理解していたなんて凄いですね。

またお会いしてこんなお話もしてみたいと思いますが、お忙しいので無理でしょう。
せめて新しいドラマを拝見するのを楽しみにしています。

(音楽・演劇プロデューサー    橘市郎)


コロナウイルス感染を防ぐということで、
スポーツ・イベントの観客不在開催が行われています。
テレビやネットの存在があるとはいえ奇異な感じがするのは私だけでしょうか。
臨場感ゼロの勝負は興行とはいえません。
開催しなければ選手へのギャラが払えないとか、
少しでも視聴者への楽しみを奪わないで済むという理屈は成り立つかもしれませんが、
選手もファンも疑心半疑では力が入らないのは当然です。
それぞれ事情はあるでしょうが、
一人でも感染者が出たら途中で中止するというリスクを考えると
観客ゼロの開催は問題を孕んでいますね。
いずれにしても1日も早く元の状態に戻れるよう万全の努力をしたいものです。

 * 

最近の布施明さんの歌唱は素晴らしいですね。
もちろん今更かもしれませんが、ここに来て円熟期を迎えているように思います。
布施さんには彼が日劇に初出演した時から注目していたものです。
彼は当時東京の大久保にあった「声専音楽学校」で
テノール歌手の神原誠さんの指導を受けていました。
今彼の歌唱が安定しているのは基礎にクラシックの発声法があるからだと思っています。

もちろん歌謡曲もポッツプスもこなすのは布施さんなりの努力の賜物ですが、
ここに来て原点が生きてきたのです。
かつて、私の友人である指揮者の星出豊さんに
「布施明にぜひオペラをやってもらいたいので紹介して欲しい」と言われた事があります。
でもその頃は流行歌手として売れっ子になっていた布施さんに
そのような時間はありませんでした。
歌手の中には1曲のヒット曲で一生活動している人もいます。
布施さんのように沢山のヒット曲を持ち、一生かけて成長していく人もいます。
私は彼がこれからどのような成果を挙げて行ってくれるのかがとても楽しみです。
話術も味が出てきましたし、人間としても魅力が増してきました。
これからも彼に声援を送り続けたいと思います。

(音楽・演劇プロデューサー    橘市郎)

連日テレビや新聞で新型コロナウイルスに関することが報道されています。
確かに世界中に拡大する感染は今までに経験されたことの無いほどの事件で、
誰が被害にあっても不思議でない脅威といえます。
まさにこのピンチを如何に乗り越えるかは、
オーヴァーに言えば人類の叡智が試されていると言っていいでしょう。

自国の利益のみを考えることに対する戒めなのです。
こうしたピンチを乗り越え世界中が仲良くなれたらいいな
と思うのは私だけではないと思います。
「災い転じて福となる」が実現することを信じたいですね。
「冬来たりなば春遠からじ」と言う言葉もあります。
希望を抱いて毎日を過ごしたいものです。

押入れを整理していたら、1枚のLPが出てきました。
「青春の落書き」という若い女性デュオのもの。
「私はウエイトレス」「チキチキに乗って」などが入っている
「ピコ」のレコードでした。
「ピコ」と言ってご存知の方がいらっしゃるかどうか分かりませんが、
彼女らはデビュー間もない頃、私がやっていた「アンクル」という事務所のタレントでした。
私の力足らずでほとんど力になれなかったことを大変申し訳なく思っています。
今では何処でどうされているかも分からないのですが、作詞・作曲もする有能な二人でした。

当時まだ新進のシガー・ソングライター松山千春さんが
彼女たちに曲を提供していたほどだったのです。
私は改めてこのアルバムを聴いて今でもその才能は素晴らしかったと思っています。
そしてアーチストが売れるかどうかが紙一重であることに愕然とするのです。
ピコのお二人、力足らずだった私を許して下さい。
今頃お二人はどうしているのかな?
消息をご存知の方がいらしたらぜひ教えて下さい。

(音楽・演劇プロデューサー   橘市郎)

このブログは5年前に開設しましたが、
昨年「一般社団法人 達人の館」を解散した後も「達人の館」のままでした。
解散の経緯報告をしたのと「一般社団法人」を
うたっていないのでいいかと思っていましたが、
税理士さんのご指摘もあり、誤解されるといけませんので、
これからは「一瞬の静寂」とすることに致しました。
内容は今までと少しも変わりませんのでご理解いただきたいと思います。
個人プロデューサーの繰言ではありますが、
今後もお付き合いいただけましたらうれしいです。                       

*

2月14日は日本文化藝術財団の「創造する伝統賞」の授賞式に出席するために
東京の明治記念館に行って来ました。
今回は能声楽家 青木涼子さんと竹芸作家4代目田辺竹雲斎さんが受賞されましたが
私は職業柄、特に青木さんがヨーロッパで活躍されている映像に興味がありました。
彼女はいろいろな方とコラボレーションされていますが、
ソプラノ歌手と共演された細川俊夫作曲「二人静-海から来た少女」は
なかなか面白いものでした。
しかし、これが演奏会として一般の観客に
どの程度愛されるかということになると難しいかもしれません。
もちろん彼女の演奏はエンターテイメントというよりも実験的な試みだと思います。
新しいものが生れてくる課程と思えば貴重な挑戦です。
今後も研究者として刺激的な活躍をされていく青木さんに期待したいものです。

*

私は最近、約束の時間よりも30分程早く行くようになってしまいました。
もちろんまだ完全な健康体になっていない為もありますが、
全てのものに焦りがあるような気がして家内にもよく注意されます
歳をとると気が短くなるといいますが、これもそのせいでしょうか?
でも気長に待つのは平気なのですから不思議ですね。
要はいろいろな事が心配なのでしょう。
「大丈夫!」と自信満々に振舞えるのも若者の特権かもしれません。
出来るだけ若い人と付き合うようにしたいものです。

(音楽・演劇プロデューサー  橘市郎)

 

↑このページのトップヘ