達人の館

   本物の芸をじっくりと味う、大人のためのコンサートを企画・主催しています。

達人の館では、来年1月24日(土)に京都劇場春秋座で
「結成60周年記念コンサート 
デュークエイセス日本の叙情を歌う」
コンサートを開催します。
そこで本日は、デュークエイセスのメンバーをご紹介したいと思います。

デュークエイセスは1955年、
黒人霊歌とジャズを得意としたグループとして結成。

スウィング感にあふれた唱法は、
コーラス界第一人者の地位を確立しました。
1600曲以上という幅広いレパートリーを持ち、
『おさななじみ』『女ひとり』『筑波山麓合唱団』
『いい湯だな』『フェニックス・ハネムーン』『ドライボーンズ』
『ジェリコの闘い』など、みなさまお馴染の曲が沢山あります。

まず今回は、メンバーの中から
バリトンでリーダーの谷道夫さんをご紹介いたします。

         


谷 道夫(バリトン・リーダー)
tani
1934.11.8生 さそり座・O型・宮崎県出身
愛称/ミーチャン
硬軟両面をバランスよく保つ。
リーダーの責任上、チームワークを最優先とする姿は御立派。
レパートリー1500曲中、約半数を編曲し、デュークのハーモニーを性格づける。
物忘れの名人で、大変な粗忽者だが憎めないとはメンバーの弁。
この業界における信用は絶大。趣味は酒と旅行。
方向感覚の良さは抜群でどこにいても北を指す磁石を内蔵しているみたい・・・。


次回はセカンド・テナーの
吉田 一彦さんをご紹介いたします。
お楽しみに。


10月25日(土)
「江藤ゆう子 昭和を歌う」―昭和30年代編―


コンサートのチケットが残りわずかとなりました。

17時の回は残席20枚です。
ぜひ、お早目にお求めください。
コンサートの詳細はこちら

    ☆  ☆  ☆

1025日(土)14001700
(いずれも開演30分前に開場)
会 場  岡崎NAM HALL
出 演  江藤ゆう子(歌)
     笹井順子(ピアノ)
     水野潤子(語り)

料 金  3000円(全席自由)

       ☆

お問合せ/チケット取扱い
一般社団法人 達人の館
TEL
FAX 075-724-6117、075-708‐8930

達人の館では平成27年1月24日(土)15時開演で

      結成60周年記念コンサート
    デュークエイセス日本の叙情を歌う


というコンサートを春秋座で開催することになりました。

詳細はまた追ってお知らせいたしますが、
今日はデュークエイセスのメンバー自身から送られてきた
プロフィルをご紹介したいと思います。

リーダーの谷道夫さんは1934年の生まれですから来年で80歳になります。
セカンド・テナーの吉田一彦さんとベースの槙野義孝さんも78歳、
トップ・テナーの大須賀ひできさんは3代目なので58歳とお若いのですが、
人のうち3人が結成以来60年いっしょにやってきたというのも凄いですね。

元気なシニアの活躍の場を作り、
目も耳も肥えたお客様に安心して楽しんでいただきたいという、
達人の館のコンセプトにぴったりのコンサートです。


「京都、大原三千院、恋に疲れた女がひとり・・・・」
のオリジナル曲を持つ
デュークエイセス、
まずはご本人たちの自己紹介をどうぞ!


 D U K E A C E S プロフィール
デュークエイセス<選りすぐられた公爵達>は、
昭和30年8月1日に、アメリカンポップス・黒人霊歌を
歌うことからスタートしたグループです。

そして勉強のため、当時全国に点在していた、
米軍キャンプを歌ってまわる事から始めました。


間もなく、NHK-TVのバラエティ番組「夢であいましょう」の
レギュラー出演者となり、歯切れの良いリズム感は、
デュークエイセスの特色として注目を浴びるようになりました。


昭和42年から5年間にわたっては
「にほんのうたシリーズ」を完成させました。
これは永六輔氏、いずみたく氏と共に全国をまわり、
原則として各県一曲づつ、
旅人の目でとらえた各地のうたを作ったものです。
発表後は、数々の受賞に輝き、
後の御当地ソングブームに火をつけました。
デュークエイセスもこの中からオリジナルヒット曲を多く世に送り出して、
確固たる評価を得ることになりました。

日本の歌は勿論のこと、ジャズ・スタンダードナンバー・
映画音楽・シャンソンそしてカンツォーネまで、
とどまるところを知らぬ程、レパートリーを広げて、
現在1600曲にもなりました。

また、クラシックの組曲に日本語の歌詞をつけたり、
スキャットで器楽曲を歌ったり、新しいことに挑戦する実験精神と、
音楽的完成度をつねに求めてきました。

世代交代とサウンドの変化がめまぐるしいこの世界にあって、
音楽とは、感動することからはじまるという原点を忘れず、
さらに人の声のハーモニーする深い味わいは、
いつの日か熟成、醸造の域に達したいものと願っています。


これからは、長寿グループとして多くの人に
元気と勇気を与えつづけて、いつまでも光る存在としての
デュークエイセスを目指して、努力を重ねてまいります。
red
                       デュークエイセス

昨日、小津安二郎の「東京物語」を久々にDVDで見ました。
昭和28年の作品ですから当然モノクロで
画面もほとんど正方形に近い小さなものでした。
カメラワークに至っては何の変哲もない据え置き状態。
画面の枠内に人間が出たり入ったりするかと思えば、
じっと黙って枠内に座っていたりするのです。
まるで客席から芝居を見ているような感じがかえって新鮮でした。
映画だからカメラがダイナミックに動くという先入観は
間違っていることにやがて気がつくことでしょう。
何と言うことのない日常的な会話のなかに、
登場人物の性格や癖が現れてきます。
アクションもない、ドラマチックな言い合いもない。
ただただ静かに、客観的に登場人物が描かれていくのです。


日々の生活に追われている息子や娘の本音が、
上京した父親と母親にチラチラと向けられるのに対し、
夫を亡くした義理の娘が優しく誠心誠意接します。
この義理の娘を演じるのが原節子。
何と美しい上品な日本語をしゃべる女優でしょう。
これに対しちょっと毒のあるちゃきちゃきな下町言葉を駆使する杉村春子。
朴訥で鷹揚のない言葉のなかに不器用な父親を演じる笠智衆、
おおらかで大地のような愛情を感じさせる東山千栄子の母親。
名優たちをまるで長い手綱を操るように静かに御する小津監督。

さすが欧米人をも虜にした作品だけのことがありました。

熱くならず、冷静に物事を見つめていく
小津安二郎の人間としての大きさが生み出した名作なのでしょうね。
私は、ここに尊敬される日本人の見本を感じました。


安倍首相をはじめとする政治家の皆さん、
ご覧になっているとは思いますが、もう一度ぜひ小津作品を見てください。
日本が平和に貢献するのは軍事力でも経済でもなく、
日本人特有の冷静さと優しさなのです。



10月25日(土)
「江藤ゆう子 昭和を歌う」
―昭和30年代編―

こちらのコンサートのチケットが残りわずかとなりました。
現在、
14
時の回  4枚
17時の回 30枚
しかございません。
お越しになる方は、ぜひ、お早目にお求めください。
コンサートの詳細はこちら

    ☆  ☆  ☆

1025日(土)14001700
(いずれも開演30分前に開場)
会 場  岡崎NAM HALL
出 演  江藤ゆう子(歌)
     笹井順子(ピアノ)
     水野潤子(語り)

料 金  3000円(全席自由)

       ☆

お問合せ/チケット取扱い
一般社団法人 達人の館
TEL
FAX 075-724-6117、075-708‐8930

↑このページのトップヘ