達人の館

   本物の芸をじっくりと味う、大人のためのコンサートを企画・主催しています。

明年1月24日に春秋座で行われる
デュークエイセス結成60周年記念コンサート」は
文字通り60周年のスタートとなります。
メンバー4人のうち、3人が結成以来
変わっていないというのは貴重ですね。
夫婦だって結婚50年で金婚式ですから、
60年一緒に活動してきたのは奇跡としか思えません。

お一人は3代目ですが、
これとて逆に良くぞうまくやっていると感心してしまいます。
あの ダークダックスも60周年をもって
4人での活動を停止しました。
健康の問題、音楽に対する姿勢の問題、相性の問題、
これら全てがクリアされないと60年間 長続きは出来ないでしょう。
ダークダックスが1951年、デュークエイセスが1955年、
ボニージャックスが1958年の結成ですが、
どちらも男性4人の 編成でしのぎを削ってきたのも、
長続きにプラスしたようです。

ダークダックスが慶応のワグネルソサエテ出身、
ボニージャックスが早稲田のグリークラブ出身という
アマチュアからスタートしたのに対し、
デュークエイセスは当初からプロという感じでした。
特にジャズや黒人霊歌を歌わせたら、
そのリズム感やハーモニーは群を抜いていました。

しかし、デュークエイセスが人気を勝ち得たのは
日本語で歌ったCMの数々や
永六輔といずみたくのコンビで作られた、
にほんのうたシリーズでした。
皮肉なものですね。

特に「いい湯だな」(群馬)、「筑波山麓合唱団」(茨城)
「女ひとり」(京都)、「フェニックスハネムーン」(宮崎)などは、
ご当地ソングのヒット作となりました。
今回の京都公演に際しては、
やはり「京都大原三千院、恋に疲れた女がひとり・・・」の
「女ひとり」が欠かせないレパートリーでしょう。
何しろこの歌がヒットしてから、
京都を一人で旅行する女性が急増したという話が伝わっていますからね。
当時のそんな女性たちが、春秋座に足を運んでいただけるとうれしいのですが。
ほかにも、「日本の叙情」をたっぷり味わっていただける曲目満載ですので、
ぜひ京都で旅情を満喫していただきたいと思います。

                                         達人の館プロデューサー橘市郎

大分日が経ってしまいましたが、
1025日に行われた「江藤ゆう子 昭和を歌うー昭和30年代編ー」の
ご報告をいたします。
IMG_9706
当日は晴天。
14
時の回にはお客様が開演1時間半前から
おいでになるという盛況ぶりでした。
NAMHALLさんの計らいで
1階の待合ロビーには段差がなくなり、
トイレもよりきれいになりましたので、
お客様もリラックスされていました。

以前コンクリートだった床には絨毯が敷かれ、
テーブルには飴も用意されるという
ホール側のサービスにはびっくりしました。
これだけではなく、いろいろとこのコンサートに協力してくれている
中元聡一郎さん(ホールのプロデューサー)には感謝、感謝です。
IMG_97061
さて、2回公演とも 満席となったコンサートは
もちろん盛り上がりました。
一段とパワーアップした江藤ゆう子さんのエネルギッシュな歌唱に、
息の合った笹井順子さんのピアノ伴奏、
そして今回から参加した水野潤子さんの落ち着いた語り。
バランスの良さが目立つコンサートでした。
IMG_9740
越路吹雪の歌から
フィナーレの「幸せなら手をたたこう」「東京五輪音頭」へのギャップが
江藤さんならではのものでした。
クラシックからジャズ、演歌何でもこなしてしまうところが達人なんですね。

公演後、次回の昭和40年代編を前売りしたところ、32枚がでました。
翌日までに入った予約を入れますと60枚。
前回を上回る数字にほっとすると同時に、
次回もさらに良いステージ作りをしなくてはと思いました。
ご来場の皆様、本当にありがとうございました。
2月28日にまたお目にかかれるのを楽しみにしております。
                                  達人の館 代表 橘市郎


ラストはグループきっての若手、トップ・テナーの槙野義孝さんです。

大須賀 ひでき(トップ・テナー)
oosuga
1956.11.30生 いて座・B型・東京都出身
愛称/ヒデキ

シンガーソングライターとして長年のキャリアを持つ一方、
ミュージカルの世界でも大活躍で今日に至る。
「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」等々で
演技力と歌唱力を高く評価されている。
学生時代は登山部に在籍。
車を運転しての旅行が大好きで、山と自然を愛する。
「性格は優しいのですが頑固者で」とのことだが、
とても明るく誠実な人柄である。




【コンサートのお知らせ】
結成60周年記念コンサート 
デュークエイセス日本の叙情を歌う


2015年1月24日(土) 京都芸術劇場春秋座 
詳しくはこちらを

京都造形芸術大学の創立者である元理事長徳山詳直先生が
1020日に亡くなられました。

風邪をこじらせて今年の卒業式や入学式に出られなかったのですが、
新年早々には「病院から抜け出してきました」と元気にご挨拶されていたので、
まさかと言う感じで、すぐには信じられませんでした。80歳になられた時も
「もういい加減に引退しろと言う人もいるかもしれないけれど、
まだまだ働かせてください。私は血の最後の一滴まで戦い抜きます」
と、世の中が戦争や不条理に満ちていることを嘆かれ、
また藝術こそが21世紀を救うという持論を力強く述べていらっしゃいました。
また、核こそ現代の悪魔であると福島の事故が起こる以前から
核廃絶を訴え続けていられたことも忘れられません。

常に正論を堂々と語られていた先生は、
教職員からも学生からも尊敬され、また愛されていました。
4月の給料と賞与は直接手渡され、
一人ひとりの労をねぎらい握手をされるのが慣わしでした。
教職員が学生のことを悪く言おうものなら大変だったことでしょう。
「大学は学生のためにあり、教職員は学生がいるから存在できる。
何事も学生第1に考えてほしい」
と常におっしゃっていたからです。
本当に素晴らしい教育者でした。
かと思うと砕けた話をしてみんなをリラックスさせてくれたりもしました。

大学内に日本初の歌舞伎劇場「春秋座」を建ててくれたのも
詳直先生の英断でした。
市川猿翁(3代目猿之助)と意気投合して建ててしまった
と言った方が正しいかもしれません。
熱烈な恋愛の末に生まれてきた子供のように、
春秋座は今すくすくと成長しています。
スケールの大きいお二人がいなかったら、
この時代に歌舞伎劇場など生まれなかったでしょう。
私が京都に来られたのも元をただせばお二人のお陰なのです。

私がふと先生に
「理事長の生い立ちを映画化したら面白いと思いますよ。
この波乱万丈の人生は映画でないと描けません。
でも、この大学には映画監督もいるし、脚本家も美術デザイナーもいます。
みんなが協力すればそんなに難しいこととは思いません。
理事長の役は香川照之さんがぴったりだと思います」と漏らした言葉。
映画界のことは良く分らないからこそ出た思い付きだったのですが、
先生は香川さんを直接口説き
「その時はぜひやらせていただきます」
と言わせてしまったのです。
香川さんの外交辞令かもしれませんが、
私にはこの話がいつか実現すると思えてなりません。
本当は詳直先生がお元気なうちに実現すれば良かったのですが、
これからだっていいじゃないですか。
映画化が実現した時には先生の生き様に多くの人が感動すると信じています。
詳直先生、いろいろとやりがいのある仕事を与えてくださり
ありがとうございました。
ゆっくりお休みになることがなかったと思われる先生。
どうぞ、今は安らかにお眠りください。                    橘市郎

 


すでにお知らせしている
「デュークエイセス結成60週記念コンサート」の
前売りが本日より開始されました。
昨日、春秋座友の会先行発売があったのですが
思った以上に出だしがいいようです。
やはり京都でのコンサートが久々ということもあるようですね。
     DukeAces_A4
それに、たまたま本日デュークエイセスの新しいCDが発売になりました。
近々新聞の取材やテレビ出演が多くなってきますので、
話題も豊富になりそうです。
詳細をごらんの上、お早めにお申し込みください。
     
     DukeAces_A4ura
(画像をクリックすると大きくなります)


       ☆    ☆    ☆

また、この25日に開催される、
達人シリーズ②「江藤ゆう子昭和を歌うー昭和30年代編ー」
14時、17時の回とも完売になりました。

次回の昭和40年代編は228日に同じ会場で、
14
時、17時の2回公演行われます。

こちらの方もこの25日にチケットの発売が開始されます。

↑このページのトップヘ