達人の館

   本物の芸をじっくりと味う、大人のためのコンサートを企画・主催しています。

テノールの井藤航太さんが「蝶々夫人」の
ピンカートン役を演じることは前にお知らせしました。
素晴らしいこととはいえ、彼がオーディションから勝ち得た役だけに、
一抹の不安があったのも事実です。

そこで彼の素質をさらに生かすために、
これから誰に就いて勉強してもらったらいいかを考えました。
かつての名テノール五十嵐喜芳先生のお嬢さんであり、
今をときめくテノール歌手・笛田博昭さん育ての親、
五十嵐麻利江さんに相談したところ、
すぐに彼の声を聴いてくれることになりました。

彼女は以前から私の知り合いであり、昭和音大の先生でもあったのです。
彼女は井藤さんの声を聴くや否や、すぐに訓練を引き受けてくれました。
井藤さんも麻利江さんの教え方を知るや否や、
喜び勇んで彼女について勉強することを決心したようです。

*

井藤さんは住まいを東京に移し、ただ今猛勉強中。
笛田さんの声を聴きながら、一緒に訓練を受けているようです。
彼が本番でどのように変わってくるか、とても楽しみです。
人は人生の上で誰と出逢うかによって、変わってきます。
麻利江先生の情報によれば、井藤さんは日々上達しているようです。
井藤さんを応援してくださっている皆さん、
11月を楽しみにしていてくださいね。

井藤さんは24(日)には、藤原歌劇団のホープ、
メゾ・ソプラノの高橋未来子さんと
ヴェルディ・サロン・ライヴで二重唱をしてくれます。
どうぞご期待ください。

*

ヴェルディ・サロン・ライヴといえば、6月3日()
久々に講殿由紀奈(ソプラノ)さんとピアノの坂口航大さんのジョイントです。
息の合った歌とピアノの共演です。
二人とも京都が期待する大物だけに楽しみなコンサートです。

中田喜直の作品やリストの超絶技巧練習曲第8番「狩り」も聴けます。
大勢のお客さまのご来場をお待ち申し上げます。
私も徐々に体調が戻ってまいりました。
来週は世の中の情勢などにも触れてみたいと思います。

(一般社団法人  達人の館   代表 橘市郎)

去る5月19日耳鼻咽喉科で、めまいの検査を受けていたものの
なかなか原因が分からず、
念のため受けた脳神経科で撮った画像で脳出血と判明。
即入院ということになり、そのまま3週間入院してきました。
突然のことなので、全てのことが狂い、
各所の方々にご迷惑をおかけしました。
お詫び申し上げます。
とりわけ、このブログの読者の方々には
訳も伝えず、大変失礼いたしました。
まだ頭が混乱しておりますが、
徐々に回復していくと思いますのでよろしくお願い致します。


ブログを休んでいる間に、世の中は大分変化したようです。
特に北朝鮮に関しては何も言えないほどの変わりようですね。
もう少し頭を整理してから、感想を述べますが
とにかく世の中平和になることが、一番望ましいので
そういう意味では良い方向に動いていると思います。
余り突っ込んだことになると複雑なので
今日のところはこれくらいにしておきましょう。


さて、ヴェルディ・サロン・ライヴも5月13日に再開されました。
仕事始めに出かけては見たものの、余り役には立たなかったようです。
フルートの奥田裕美さん、ファゴットの奥山紀子さん、
ピアノの磯貝亜美さんは素晴らしい演奏を聴かせてくれましたが、
私の体調がイマイチで、かえって気を使わせてしまったような気がいたします。
次回はそのような事がない様にしたいと思います。
来週20日はソプラノの栂千晶さんと
同じくソプラノの大門真知子さんのジョイント、
ピアノは高木理枝さんでお送りいたします。
ご来場心よりお待ちしております。

(一般社団法人 達人の館  代表 橘市郎)

ただいま、大事をとりまして検査入院をしております。
少しの間だけブログを休止いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

少し古くなりますが、411(水)に大阪新歌舞伎座に行って来ました。
親友の水谷幹夫さんが演出する
「花盛り四人姉妹~吉野まほろば物語~」の
舞台通し稽古を見る為です。
藤あや子、石野真子、藤原紀香、三倉菜奈の四人姉妹が織り成す
人生模様は水谷さんが前にも演出した名作と言っていいもの。
芝居経験の浅い四人を上手く生かした職人芸はさすがでした。
特に長女を演じた藤あや子さんの緻密な演技は見事で、
今後は女優としても、いい結果が期待できるものでした。
商業演劇特有な華やかさは新劇とは違う風情がありますね。

稽古が終わり、駄目出しのため集まってきた役者の中に、
見覚えのある人がいました。大沢健さんです。
彼は20年以上前に「グイン・サーガ 炎の群像」と言う
ミュージカルに10代の王子役で出演してくれていました。
正しく久しぶりの再会に思わず声を掛けずに入られませんでした。

彼は一瞬ポカンとしていましたが、
名前を告げると数秒たって「ああっ!」と言いました。
名刺を渡したので今は思い出していると思いますが、
お互いに20年会わずに居ると変わるものですね。
ちなみに今回の大沢さんの役柄は三倉さんの夫役でした。
10年一昔と言いますが、20年は何というんでしょう? 

*

14
(土)は京都府立文化芸術会館に行き、
14時開演の「舞踊集団菊の会公演 日本のおどり 陽春に舞う」を見て来ました。
私は不勉強にも菊の会の存在を知らず、
案内をいただいて初めて出かけて行ったのです。
パンフレットを見る限りでは、かなり頻繁に活動しているようでした。
余り期待しないで開幕を待っていると、定
刻に大音響とともに緞帳が上がりました。

オープニングは女性6人による群舞「桜花」でしたが、
これが一糸乱れない踊りなのです。
次の男性人と女性人による「縁は周る」も切れのある踊り。
私は「これは本物だ!」と思いました。
そして、リーダーの畑聡さんが太郎冠者を演じる狂言舞踊「釣り女」になると、
すっかり観客を狂言の中に引き込んでしまったのです。

部の「おどり風土記」は民謡あり,太鼓あり、大群舞ありで、
一気にフィナーレへと突き進みました。
日舞のショーにありがちな幕間があったり、
空白があったりすることなく、
フィナーレの総踊りに向かって行くテンポは
かつての日劇を思い起こさせました。
こういう日本物のショーは久しぶりに見たような気がします。

畑さんを始めとするみなさんの奮闘振りに、
改めて拍手を送りたいと思います。
こういうグループを知らなかった自分を、
恥ずかしいと思ったのも事実です。

モダンなショーはあちらこちらで見かけますが、
元来日本物のショーはこうあるべきだと思ったのです。
畑さんには、若いメンバーを増やしつつ
この伝統を守って行って欲しいと思います。

(一般社団法人 達人の館  代表 橘市郎)

4月6日(金)にレ・フレールがロームシアターの
中ホールでコンサートを開催しました。
この公演は達人の館の主催ではないので、
このブログでご紹介することもしなかったのですが、
ポラリス・アルファーの伊藤代表から
ご招待のメールをいただき急遽出かけることにしました。

コンサートを主催するのと、
一観客として鑑賞するのとでは全く気持ちが違います。
今回は気楽に会場へと向かったのですが、生憎体調がすぐれず、
めまいの症状を抱えたまま演奏を聴くことになりました。
本当にいい席を取っていただき大感激だったのですが、
やっと席に着きステージを見るとピアノが上手から下手に動いているのです。

この会場は江藤ゆう子さんのコンサートで演出をしているので、
回り舞台も、スライドもないことは分かっているので、
おかしいなと思いました。これこそめまいの症状だったのですね。

でも演奏が始まると、ほろ酔い加減で聴いているようで、
かえって心地よく鑑賞出来ました。
守也さんと圭土さんのお二人が譜面を見ることなく、
完璧に演奏する姿を「凄いなあ!」と改めて思いました。
普段、ファンの方と一緒に手拍子を打つことはなかったのですが、
この日ばかりは全く、一ファンになりきっていたようです。

いつも冷静に聴いていた楽しみ方が
良かったのかどうか考えさせてもくれました。
アンコールが終わって楽屋を訪ねようとしたのですが、
立ち上がった途端にくらくらと来て歩くのも恐い状態になったので、
ロビーに居た伊藤さんとマネージャーの野上さんにお断りして、
楽屋には寄らずふらふらしながら家路についたのでした。

今は何とかメールも打てる様になりましたが、
当たり前に真っ直ぐ歩けることが
どんなに素晴らしいことかを痛切に感じた日々でした。
来週は元気になって平常運転したいと思います。

(一般社団法人 達人の館   代表 橘市郎)

↑このページのトップヘ