2000年より4年間、春秋座の立ち上げと運営に携わり、4年間東京に戻った後、
6年前より再び春秋座の活性化に努めてきた私ですが、この3月で任期満了となります。

73歳という年齢を考えても、また、立派に育った後継者を見ても今が引き際と思っています。
何らかの形でお手伝いをするとしても、ここで区切りをつけるのがいいと決心しました。
京都造形芸術大学の理事長、専務をはじめ皆さんから暖かく接していただいたお陰で、
充実した10年間を送らせていただきました。

4月からは14年前のように、フリーとなり、企画制作はもとより
演出、講演、執筆と幅広く活動していく積りです。
慣れないパソコンにも向かいながら、いろいろと発信してまいりますので
どうぞよろしくお願い申し上げます。