723日、「夏山美樹 京都初コンサート」が行われ、
無事終了いたしました。
夏山美樹さんは、池田公生さんの伴奏で映画音楽、
スタンダード・ジャズ、デビュー曲など
40曲を歌いまくり盛り上げてくれました。
入りの方は70パー セントでしたが、
赤字になることはなく、トントンというところでした。
これは、夏山美樹さんの出演料と
私のプロデユーサー料は始めに計上せず、
黒字が出たらそれを半分ずつするという契約のお陰です。

彼女も私も、このコンサートで儲けようなどとは
思っていないので、これで満足しています。
夏山さんにとっては 初めての京都で自分をアピールすること、
私にとっては本当に実力あるアーチストを
紹介することが目的だからです。
NAM HALLは2回公演をやってもキャパ120名なので、
江藤ゆう子さんの場合も
沢木順さんの場合もこの方式でやってきました。
春秋座や京都コンサートホールになると、
このやり方ではアーチストに対し失礼なので、当然変わって来ます。
しかし、お互いに話し合って出演料を低めに設定し、
あるチケット収入額を超えたら、
超えた分の半分を追加して支払うという方法もあります。
もらう方も支払う方も一度決めたら、
後は関係ないというより、
お互いにお客様に来ていただくために、
努力をする方が一体感があるかもしれません。

聴き終わったお客様が
「良かった。またやられる時は知らせてくださいね」と
言って下さるのが一番うれしいです。
今回は夏山美樹さんのご主人、アニメ映画監督の
杉井ギサブローさんが約半分のチケットを売ってくださいました。
達人の館を通してチケットを買ってくださったお客様が半分。
正しく五分五分の成果でした。
これからもこのやり方で実力あるアーチストをご紹介していく積もりです。
どうぞご支援のほどよろしくお願いいたします。

達人の館主催公演、次回は
910日の「レ・フレール スペシャルコンサート」(於 春秋座)
です。

     
残席が大分なくなってきました。
お早めにお申し込み込みいただきますようお願い申し上げます。

達人の館  
電 話  075-708-8930
FAX  075-708-8934

暑さ厳しき折、ご自愛ください。
(達人の館 代表 橘市郎)