IMG_2182
先週は桜が早くも満開になり、
世の中がピンク色に染まったような1週間でした。
特に京都は周りの風景と桜が絵になる所が多く、
東京にいた頃よりも情緒を感じます。

自宅の側に流れる小畑川に沿って、
桜並木が浮かび上がる様はなかなか見事です。
そういえば引っ越してくる前、
毎年楽しみにしていた高野川沿いの桜も忘れられません。
噂で素晴らしいと聞いていた
淀川河川公園 背割堤の桜は毎年気になりながら行けていなかったので、
今年は何が何でもと思っていたところ、
3月28日がオフになったので初めて見物に行って来ました。

京阪電鉄の八幡駅から5~6分歩くと
木津川と宇治川に挟まれた背割堤に到着。
そこから1.4kmに亘る桜のトンネルは実に見事でした。
こちらの写真はあちこちで目にされていると思いますが、
樹齢110年以上のソメイヨシノが咲き誇る壮観さは想像以上で、
川の水をたっぷり吸い込んだせいか、
どの木も街中で見る桜よりも大きく見えました。

桜以外の樹木も太く、また高かったように思います。
それにしても人工的に川の流れを変え、
このような景観を創り出した明治時代の人は凄いですね。
圧倒された1日でした。

*

さて、4月は春秋座で「都をどり」が開催されるため
ヴェルディ・サロン・ライヴはお休みになります。
純粋な喫茶店としてご利用になるお客様が多いため、
それに応えようとするお店の方針です。
昨年もそうでしたがこのヶ月を前向きに捉え、
厳選された出演者を速めに確保いたしました。

5月13日は フルートの奥田裕美さん、
      ファゴットの奥山紀子さん、
      ピアノの磯貝亜美さんのジョイント。
5月20日は ソプラノの栂千晶さんと
      ソプラノ大門真知子さんのジョイントで
      ピアノは高木理枝子さん。
6月3日は ソプラノの講殿由紀奈さんと
      ピアノの坂口航大さんのジョイント。
6月24日は テノールの井藤航太さんと
      メゾ・ソプラノの高木未来子さんのジョイントで
      ピアノは武田麻里江さん

と続きます。どうぞお楽しみに。
(一般社団法人 達人の館  代表 橘市郎)