ここの所、毎日のように異常気象が続いています。
数年前までは台風一過といって、台風が南西からやってきて、
北東に抜けると、晴れやかないい天気がやって来たものです。
それがここのところの天気はどうなっているのでしょう。
雨にしても、ピンポイントのように、突然降ってきます。
それも道路が冠水するほど、激しい雨が、まるで何かが狂ったように。

私は気象に関して素人ですが、あちらこちらで、戦争をしたり、
核実験をしたり、産業廃棄物を垂れ流し状態にしている、
人間という生物に対する懲らしめのような気がしてなりません。

経済優先といって自然の摂理を大切にしない人類に、
バチが当たっているような気がしてならないのです。
人間も謙虚にならないと、とんでもない事になるという警告と受けとめ、
考え直す時かもしれませんね。


職場に毎日通う必要がなくなって、私の生活はがらり一変しました。
私が尊敬する先輩が、永年勤めていた会社を定年退職した時
「私の生活は”毎日サンデイ”となりました」と嘆いていたのを思い出し、
私も同じだと思うのです。

以前だったら、高校野球の全国大会は結果のみ知ることが多かったのですが、
今はついつい仕事を忘れて、テレビを見続けてしまいます。
これも役得というか、役毒なのかもしれません。
でも、8月12日の星稜高校と済美高校の試合は凄かったですね。
延長13回タイブレークの末、済美高校が勝ったものですが 、
星稜高校が8回までに、1対7とリードされながら、
8回に一挙8点を入れ9対7と逆転した時は、
てっきり星稜がそのまま逃げ切ると思いました。

ところが、済美は次の回、つまり9回の表に2点入れて同点。
延長13回の表、星稜がタイブレークで2点を取り、
これで、今度こそ勝負ありと思いきや、
その裏、済美は4点を挙げ、13対11と逆転してサヨナラ勝ちしたのです。
こんなドラマはなかなかありません。
私は開会式で星稜の卒業生、あの松井秀喜さんが
始球式を勤めたときもテレビを見ていました。
この試合を松井さんがどんな気持で見ていたかと思うだけで、
私の心はいっぱいになりました。
高校野球って素晴らしいですね。

(一般社団法人 達人の館    代表 橘市郎)