あと半月もすると春秋座オペラ「蝶々夫人」が開幕します。
このため10月のヴェルディ・サロン・ライヴは休演となります。
「蝶々夫人」の出演者は稽古に大阪が便利なのと
春秋座が初日間際まで使えないので、
いつも大阪、神戸での稽古が多くなります。

稽古場の押さえ、ホテルの予約など
NPO法人 ミラマーレ・オペラ」さんのご苦労は、
はかりしれないものがあります。
しかも、今年はイタリアからの出演者もいますので、大変です。
19日にはテノールのピサピアさんと
ソプラノの藤井泰子さんが来日しますので、いよいよ追い込みに入ります。
私も身体の方がついていけるかどうか心配ではありますが
ご迷惑をかけた分を取り返すべく頑張る積もりです。

お陰様で音楽稽古は順調なので
ハイレベルなものをご覧いただけるものと思います。
どうぞ楽しみにしていてください。
達人の館押さえの良い席が2日間で5席ばかり残っております。
まだお買い求めでない方は、ぜひお申し込みください。

*

来年から消費税が上がったり、年金が少なくなったりで
70歳を越えた者には厳しくなりそうです。
もちろん若い人たちも低所得者は大変です。
世の中の格差はどんどん進み、
貧しいものは生きていくこと自体が苦痛になってきそうです。
昔から「強きをくじき、弱きを助ける」とは任侠の精神でしたが、
政治も同じことだと思っています。
少数の勝ち組がただ勝ち誇っているのでは、いい政治とはいえません。
真面目に、こつこつと働いている者を大切にする事こそ
政治の使命ではないでしょうか。

元横綱の輪島さんの葬儀が行われ、大勢の方たちが参列されました。
私は個人的にお付き合いはありませんが、
盛大な葬儀と数々のエピソードに驚きました。
多くの人に愛され、好かれていたのですね。
天真爛漫というか天然呆けは多くの方が語っておられました。
人は尊敬されるのも素晴らしいことですが、
このように好感をもたれる事が、それ以上に大切なことだと思いました。
波乱万丈な生涯でしたが実に幸せな一生だったような気がいたします。
気取らず、自然体で生きたいと思わせてくれた輪島さんの生涯でした。
(一般社団法人 達人の館 代表 橘市郎)

オペラ「蝶々夫人」の詳細はこちらからどうぞ