新しい元号が「令和」に決まりました。
予想もしていなかった元号ではありましたが
慣れるに従って違和感も消えることでしょう。
要は、実質平和で幸せな時代であることを祈るばかりです。

これで昭和、平成、令和時代を経験するわけですが、
平成を振り返ると天皇陛下と美智子様の生き方に
改めて賞讃とねぎらいの言葉をおかけしないわけには行きません。
国民とどういう形で接するかという問題は、
多分大変悩まれたことでしょう。
確かに即位直後は反感を示す行動に出る人たちもおりました。
しかし民間から美智子様をお迎えし、ひたすら国民に寄り添い、
象徴天皇としてどう振舞うかを考えていらしたお姿を見て、
誰からも愛され、慕われる存在になられたように思います。

不幸な戦争で命を落とされた方への追悼。
思いがけない災害に見舞われた方たちへの励まし。
我々がいつも心打たれたのは、
そういう方たちの目線にひざまつかれるお姿でした。

人は「衣食足りて礼節を知る」とはいえ、
なかなか出来ることではありません。
時代を引き継がれる新しい天皇陛下ご夫妻も、
この平成天皇の歩まれた道をぜひ引き継いでいただきたいと願っております。
私自身もこれから出来ることはたかが知れていますが、
若い人たちへバトンタッチすべきことを整理していくつもりです。

(一般社団法人 達人の館 代表 橘市郎)