6月9日のサロン・ライヴはヴァイオリンの冨家聖香さんと
ピアノの西村あゆみさんとのデュオコンサートでした。
西村さんの妹さんと冨家さんは高校の同級生という間柄だそうで、
成程、息のあった心地よいジョイントは
暖かい雰囲気をかもしだしていました。

実は冨家さんはサロン・ライヴ第1回目の記念すべき出演者で、
とても初々しいパフォーマンスは、こちらのライヴにぴったりでした。
その後も何度か出演していただきましたが
いつも好評をいただいていたのです。
しかし、段々と忙しくなり今回は久し振りの登場でした。

リハーサルで彼女の演奏を耳にした時、私は驚きました。
何とヴァイオリンの音色に重厚さを感じたのです。
音色が明らかに深みを増しているではありませんか。
私はお母様に「楽器を変えましたか?」と尋ねましたが、「いいえ」とのこと。
もちろん弾き込んだ楽器のせいもあるかも知れませんが、
明らかに成長の証を感じたのでした。

若い人は何かをきっかけに、がらりと変わってくるものです。
他の出演者の中にもそういった人たちが何人かいます。
それが私などには楽しみなのですね。
この日、本番での出来はお二人とも期待通りのものでした。

西村さんがおっしゃっていたように、
お客様の中には厳しい耳を持ったお客様が
大勢見えていましたが、評価は高かったようです。
冨家さん、西村さんありがとうございました。
これからも小さい空間ながら、
キャリアを積む度に化けていく可能性を生かして
精進していただきたいと思います。

(音楽・演劇プロデユーサー 橘市郎)