今週921(土)はいよいよガラコンサートの本番です。
出演するメンバーは、恐らく今後はありえないほど豪華です。
オペラ好きの人にとっては見逃せないコンサートだと自負しています。
オーケストラの稽古が17日から始まり、徐々に関係者が増えてまいります。
そして20日にゲネプロがあり21日に本番を迎えるわけです。

もちろんお客様には本番を楽しんでいただく訳ですが、
われわれ作り手にとってはこの課程が生きがいと言ってもいいくらい重要です。
作品がだんだんと仕上がっていくことが喜びなのです。
そして本番当日、万雷の拍手をいただいた時「良かった!」と満足する。
そんなことの繰り返しが、これまで何度経験されたことでしょう。
どうか今年もお客様には心の底から楽しんでいただけたら幸いです。

*

台風の影響で千葉県の方たちの中には、
未だに電気がつかない生活が続いています。
自然災害と言っても、仕方が無いでは済まされない事態です。
戦艦や戦闘機にお金をかけることよりも、
こういうことに対する備えの方が大切だと思うのですが。
人間が人間を敵と見なし、
お互いに警戒を強めるなんて哀しいですね。
ローマ法王のように人間を信じ、
お互いを尊敬する時代がやってくることを願っています。

「歴史は繰返す」と言って、
いつまでも人間同士が争っている時代は、もう終わって惜しいものです。
「衣食足りて礼節を知る」が真実であるならば、
お互いに礼節を知るべく、貧富の差をなくする努力をするべきなのでしょう。
「自分だけが豊かになりたい」ではいつまでも争いが耐えません。
お互いに分かち合うという精神が大切なのではないでしょうか。
年金老人になってからそんなことを言っても遅いかな。

(音楽・演劇プロデューサー 橘市郎)