先日久し振りに大塚博堂のCDを聴きました。
彼は以前お世話になっていたMさんがマネージャーをしていた歌手ですが、
改めてその才能に感動しました。
彼の生涯は19441981年というわずか38年間の短いものでしたが、
心を揺さぶる歌の数々は忘れることが出来ません。

シンガー&ソングライターが出て来た時代、
彼は東洋音楽大学(現東京音楽大学)中退後にデビューしたものの、
なかなか売れず「ダスティンホフマンになれなかったよ」で
再デビューしたのは32歳の時でした。
それから37歳で脳内出血のため急逝するまでの5年間、
レコード化された曲は約80曲にもなります。
音域の広い、情感のこもった声は
クラシックの歌手には無いナイーヴさを持っていました。

私は彼の歌を聴いていると
一人の青年が懸命に人生を生きている姿が浮かんできます。
私が1940年生まれなので、ほぼ同世代だったことになります。
人生の充実度は長さではないのは当然ですが、
彼が元気でいたらと思うと残念でなりません。

*

香港でのデモ、韓国の政局、トランプさんの疑惑、
北朝鮮のミサイル実験、東京電力の混乱。
どれをとっても暗いニュースばかり。
一方でラグビーにおける日本の快進撃やゴルフ、
陸上、テニス、野球、競馬といったスポーツ界での明るい話題。
国会が始まると言うのに頭の中は混乱しています。
こんな時こそ知らないうちに
あらぬ方向に導かれぬよう注意しないといけませんね。
冷静になりたいものです。

(音楽・演劇プロデューサー 橘市郎)