思っていたように今回の台風は
今までにないほど各地に被害をもたらせました。
台風は自然災害には違いありませんが、
私は100パーセントそう考えてはいません。
世界各地に広がる異常気象は人災であり、
地球の悲鳴と思っています。

自分さえ良ければいいという人間のエゴが
どんどん自然を破壊している報いなのです。
そんな危機感を純粋な子供たちが持ち始めているのに、
世界の政治家たちの多くは知ってか知らないか無視したように争っています。
今回の台風ではいくつもの川の堤防が決壊し、
人の命を奪い家の天井まで水につかる事態が発生しました。
こうした事態はいつまたやって来るかも知れません。

千葉県の方たちが前回の被害に較べれば
思ったより少ない被災で乗り越えられたのは、
体験を生かされ避難を早めにされたということだと思います。
各地で起こった被害を現実のものとして対応していくことが、
今後必要になってくることでしょう。
ともあれこれから立ち直ろうとしている方たちを、
少しでも援助して差し上げる対策を国が講じてさしあげて欲しいものです。

*

暗いニュースが続く中で日本ラグビーの奮闘ぶりがファンを熱狂させました。
テレビの視聴率が50パーセントを越えたのは凄いことですね。
私のような80歳近い男でも力が入ってしまうほどの闘魂と試合が終わった後、
対戦相手をお互いに讃えあうスポーツマン・シップに感動いたしました。

感動といえば、もう一つ私を感激させたうれしい出来事がありました。
作・編曲家の甲斐正人さんが突然私の家に来てくれたのです。
甲斐さんのことは何度かこのブログでもご紹介していますが、
最近では梅田藝術劇場の「ON THE TOWN」(宝塚歌劇団)で
指揮をされたにもかかわらず、
聴きに伺えなかった事情を書いたのを覚えています。

今回、甲斐さんは京都の南座に
作曲家としての仕事でいらした合い間に訪ねてくれたのです。
「ON  THE TOWN」公演の記録CDを持参され、聴かせてくれました。
素晴らしい演奏に私は想像以上の感動を覚えました。
バーンスタインの斬新なサウンドを余すところ無く表現し、
宝塚のキャストだけとは思わせない自然さがありました。

私はブロード・ウエイ版も見られませんでしたが、
それに遜色の無い公演だったのではないかと思っています。
私の親しいSさんも大変盛り上がった公演と
報告してくれたのが、納得できました。
CDだけを聴いて絶賛するのもどうかと思いますが、これが私の感想です。
甲斐さんは台風の接近を前に、その日のうちに横浜のお宅に戻られました。

決して派手な活動を好まない甲斐さんが
自身をもって指揮された作品を生で聴けなかったのが残念でした。
早く健康を取り戻しまた彼が指揮をする公演を聴きに行きたいと思っています。
元気になることを祈り、
再会を約束してくれた甲斐さんの言葉のためにも頑張るつもりです。
甲斐さん本当にありがとう!

(音楽・演劇プロデューサー 橘市郎)