達人の館

   本物の芸をじっくりと味う、大人のためのコンサートを企画します

2015年01月

124日に、デュークエイセス結成60周年記念コンサートが無事終了しました。
500人弱のお客様がいらっしゃいましたが、
90パーセントのお客様が60歳以上という
正しくシニア向けの公演でした。
でも、ほとんどのお客様が懐かしい歌に体を揺らして
リズムを取っているんですね。
その姿は青春回帰を思わせました。

驚いたのは、アンケートの回収率の高さです。
「立川志の輔落語会」並みのアンケートの数でした。
お陰さまでどなたも、
「素晴らしかった」
「声量とハー モニーは昔と少しも変わらない」
「ベテランと若いメンバーがバランスよくまとまっていた」
「リーダーがとても80才とは思えない」
など好意的な感想ばかりでした。

「プログラムにメンバー個人の紹介も載せてほしかった」
「駐車場が無いのが残念」
「アンコール曲をもっ とたくさんやってほしかった」
くらいが辛口の感想で、
感動して涙をこぼされたお客様も大勢いらっしゃいました。

シニアのお客様がこんなに喜んでくださるとは、想定外でした。
想定外という言葉はここの所いい使われ方がされていませんが、
この想定外は私を励ましてくれました。
達人の館のコンセプトは間違っていなかった。
と自信を与えてくれたからです。

さらに、感動させられたことがひとつ。
当日精算でチケットを用意させていただいたお客様の中で、
二組がいらっ しゃらなかったのですが、
その一組のお客様が公演の翌日お電話をくださいました。
「今劇場に着いたんですが、公演は昨日だったんですね。
うっかりして日にちを間違えたようです。楽しみにしていたのに残念です。
でも、これはこちらの責任です。折角席を用意して下さったんですから、
チケット代はお支払いします。振込先を教えてください」
自らこういう連絡を入れてくださる客様がいらしたんです。
こちらも別の公演のご招待券をお送りしましたが、心温まりました。

 一般に、チケットを申し込まれる
シニアのお客様のしゃべり方が感じがいいのにも驚きます。
デュークエイセスのコンサートにお越しいただいたお客様、
本当に ありがとうございました。
10月には、菅原洋一さんと素晴らしいバンドを迎えて、
なつかしのタンゴを送りしたいと思っています。
どうぞお楽しみに。

今度は228日「江藤ゆう子昭和を歌うー昭和40年代編ー」がありますが、
14時からの回は完売しました。17時からの回も残り10数枚です。
お申し込みはお早めに。
                     達人の館 代表 橘市郎

 



デュークエイセス結成60周年記念コンサートは
いよいよ今週末の土曜日に迫りました。
お陰さまで多くのお客様に来ていただけそうですが、
まだ1階席も少し残っているようです。
ご年配のお客様は、2階席に行くのに階段を使わねばならないので、
1階席を望まれることが多いんですね。2階席は音がいいので、
こちらを好まれる方もいらっしゃいますが、
今回は1階席が人気です。
いずれにせよお見逃しの無いようよろしくお願いいたします。

さて、当日のプログラムが決まりました。
どの曲もおなじみの懐かしいものです。
さすがデュークエイセスといった曲目が並びました。
60歳以上の方にはたまらない曲目ですね。
ほかではめったに聴けない名曲の数々、
若い方にもぜひ聴いてほしいものです。
24日午後3時開演。お待ちしています。


☆;+;。・゚・。;+; プログラム ;+;。・゚・。;+;

1
     1 慕情
     2 Dry Bones
     3 ジェリコの闘い
     4 Swing Down Chariot
     5 And I Love You So
     6 In The Evening By The Moonlight
     7 My Way
     8 遠くへ行きたいメドレー
        ~遠くへ行きたい~時代遅れの酒場~岬めぐり~
        風が消してゆく~中央フリーウエイ~いい日旅立ち~
        無縁坂~少年時代~遠くへ行きたい

<休憩15分>

― 第2部 ―

     1 時計が回れば
     2 おさななじみ~その後
     3 にほんのうたメドレー
        ~君の故郷は~女ひとり~筑波山麓合唱団~
                 フェニックスハネムーン
     4 花は咲く
     5 上を向いて歩こう
     6 いい湯だな
     7 明日があるさ
     8 生きるものの歌
     9 友よさらば
     10 感謝還暦

DukeAces_A4DukeAces_A4ura都、大原三千院、
恋に疲れた女がひとり・・・・

などの名曲でお馴染の
デュークエイセス。
元気なシニアの活躍の場を作り、
目も耳も
肥えたお客様に安心して
楽しんでいただきたいという
達人の館のコンセプトに
ぴったりのコンサートです。

チラシ画像をクリックして詳細をごらんの上、お申し込みください。

お問合せ・チケット申し込み 
達人の館分室 
TEL075-708-8930
 FAX075-708-8934
※留守の場合は留守番電話にご用件と電話番号を入れておいてください。
折り返し、こちらからご連絡いたします

あっという間にお正月が終わってしまいましたね。
達人の館が立ち上がってからも、
もう半年以上が過ぎてしまいました。
まだよちよち歩きの状態ですが、
だんだんと独り立ち出来るよう頑張りますので
どうぞよろしくお願いいたします。

今年の第1弾、「デュークエイセス結成60周年コンサート」まで、
もう20日を切ってしまいました。
昨日、京都新聞の夕刊にこのコンサートの記事が出たところ、
今日チケット申し込みの電話が殺到しました。
やはり、広告より記事が強いようですね。
60
周年ということで、東京では朝日新聞、産経新聞が
デュークエイセス記者会見の模様を伝えてえてくれましたが
関西では記事が出なかったため、
情報がまだまだ行き渡っていないようです。

テレビに出演してくれるのも動員の力になるため、
プロデューサーとしては、
マネージャーの手腕にも期待しないではいられません。

これまでも何回かテレビ出演をしてくれましたが、
その度に問い合わせが増えるから不思議です。
15日、マネージャーから新年早々電話が入りました。
「徹子の部屋に出演が決まりました」。
私がどんなに喜んだか想像していただけると思います。
何といっても「徹子の部屋」は
高視聴率で有名なテレビ番組ですからね。
「ただ、オンエアーが3月なんです。ごめんなさい」。
私ががっかりした様子もお分かりですよね。
でも、マネージャー氏も一生懸命やってくれているのです。
公演が決まったら「動員はそちらで頑張ってよ」と
言い放つマネージャーだっているのですから、
感謝しないといけません。

幕が開いたら「良くこんなにお客様を入れてくれましたね」
と言われるよう、私もラストスパートを掛けます。
この公演は情報さえ伝われば、
大勢のお客様に来ていただけると信じています。
情報をキャッチしたお客様、ぜひ春秋座にお越しください。
元気と勇気の出るコンサートです。

(達人の館 代表 橘市郎)

↑このページのトップヘ