達人の館

   本物の芸をじっくりと味う、大人のためのコンサートを企画・主催しています。

カテゴリ: プロデューサーより

1117日から19日までの日間は、立川志の輔師匠一色の生活でした。
春秋座に初出演していただいてから年目になりますが
公演回数もお客さまの動員数も徐々に増え、
数年前からは回公演となり、動員数も2000人を超えるようになりました。
今や春秋座の名物公演と言っていいと思います。

この公演が始まったきっかけが
私のお送りしたラヴレターだったことから、
大学を辞めた今年もお迎えさせていただきました。
男性から男性からへのラヴレターというと
何か妖しい感じがしますが、
あくまでも師匠の芸に惚れ込んだからです。
芸に惚れ込んだとは余計変な感じがしますかね。
とにかく、師匠は私の提案に乗ってくださり、
春秋座での公演が実現しました。

お会いしたことのない方にラヴレターを書いて、
公演が実現した成功例としては、
オペラ界の故五十嵐喜芳先生、
歌舞伎界の3代目市川猿之助丈(代目猿翁)がいらっしゃいますが、
みなさん素晴らしい人格者であり、今でもご縁が続いています。
会ったことのない人間の提案に乗ってくださる方には、
勇気と洞察力が必要です。
一歩間違えれば「騙された」「引っかかった」ということになります。
私もめったやたらにラヴレターは書きません。
もともとご縁があったのかもしれませんね。

志の輔師匠は来年の春秋座出演10周年公演も約束してくれました。
席1席全力を尽くしての熱演に、
毎回体力を使い果たす方だけに、
健康にだけは留意していただきたいと思っています。
師匠!来年も元気でお迎えできるよう私も頑張りますので、
よろしくお願いいたします。

ところで、この23日(祝)のヴェルディ・サロン・ライヴ
フランスで年間修行して帰国した
サキソフォンの名手、安泰旭さんの登場です。
意欲的なプログラムで魅了してくれるはずです。
お聴き逃しのないようご来場ください。

(達人の舘 代表 橘市郎)

選挙が終わりました。
結果は、またしても自民党の圧勝。
たった票しか入れることの出来ない自分の思いが、
結果とどんな関係があるのかを考えると空しくなりますが、
これが現実なんですね。

でも今度の選挙では、
自分の信念を曲げないことが如何に大切かを学びました。
一人の人間が何を信条として生きていくか、
不器用であっても「分かる、分かる。君のその気持ち」と
言ってもらえるような生き方が如何に大切かを思い知らされました。
もちろん柔軟性も大切でしょう。
「絶対」とか「まさしく」などと言う言葉は
そう軽々しく使うべきではないということも教えられました。
これからはまた生業にいそしむ事にいたします。

実は22日も「ヴェルディ・サロン・ライヴ」があり、
近づく台風に気を使いながら開催いたしました。
多少のキャンセルはありましたが、
ほとんどのお客様が予約どおり駆けつけてくださいました。
この日はテノールの井藤航太さんのライヴ。
本来ならば輝く太陽の下、
朗々と美声を聴かせてくれる井藤さんですが、
この日は奇しくも、ラフマニノフやチャイコフスキーといった
ロシアの作曲家の歌から入りました。

これがこの日の天気とぴったりの選曲となり効果を上げていました。
部の後半にプッチーのトスカから
『たえなる調和』と『星も光りぬ』のアリア、
そして最後に『トゥーランドット』の「誰も寝てはならぬ」を
たっぷりと歌い上げてくれました。

鳴り止まぬ拍手をもらった井藤さんから
「次回は来年の21日に、こちらでソプラノの
ゲストを迎えて歌わせていただきます」と報告がありました。
「嵐の前の静けさ」ならぬ大拍手が起こり、
会場は大いに盛り上がりました。
こういった気象条件の中で行われるライヴは、
かえって忘れられないものになりますね。
井藤航太さん、ピアノの塚田尚吾さん、
そして大雨の中をいらしていただいたお客様、
お店のスタッフの方々、本当にありがとうございました。

(達人の舘 代表 橘市郎)

10月2日に京都造形芸術大学・通信学部の教員、職員を対象とした
特別研修があり、講師を務めてきました。
教員、職員合わせて約25名ずつ計50名の参加がありました。
「美しい日本語で心を伝える」というテーマでしたが
約3時間半、熱心に受講していただき
気持ち良く終わることが出きました。

年齢に幅のある約7000人の学生をケアしていくのは
大変だと思いますが、教職員が一丸となって支えていこうという
姿勢が伝わってきて、いい刺激を受けました。
いろいろ段取りをしてくださった担当者の皆さんにお礼申し上げます。

講義が始まる前に少し時間があったので、
春秋座に寄ってオペラ『魔笛』の
アンケート結果を見せてもらいました。
2日間合わせて約200枚が回収されていましたが、
「私はオペラを見に来たのであって、
ミュージカルを見に来たのではない」
「これは学芸会?」といった枚以外は
「初めてオペラを見たが素晴らしかった」
「歌舞伎劇場でやるオペラらしく花道を使ったり、
盆を回したりして面白かった」
「粒ぞろいの歌手のレベルが高かった」などなど
ほとんどの方が褒めてくださっていました。
特にうれしかったのはオペラ初体験のお客様が多く、
そういったお客様に楽しんでいただけたことです。

ともすれば「高尚なもの」「堅苦しいもの」「退屈なもの」と
敬遠されてきたオペラがエンターテインメントとして認められたとしたら、
こんなにうれしいことはありません。
今回、多くの方からご好評をいただいたのは
「オペラとはこういうものだ!」と決め込まず、
春秋座という劇場の機構を有効に生かし、
人間の生の声の魅力を十二分に伝えられたからだと思っています。

公演監督の松山郁雄さん、指揮の大勝秀也さん、
演出の三浦安浩さんを始めとするスタッフ皆さん。
オーケストラ、コーラス、助演の皆さん。
そしてベテランのオペラ歌手とオーディションで役を勝ち得た
若手のオペラ歌手の皆さん。
チケットを一生懸命に売ってくれた皆さん。
文字通り全ての方たちによって成りたった
総合芸術の醍醐味を感じさせてもらいました。

来年の『蝶々夫人』に向け、また新たな歩みを始めたいと思います。
皆様本当にお疲れ様でした!

(オペラ『魔笛』公演プロデューサー/達人の館 代表 橘市郎)

 

 

 

 

 

 


2324日の両日に行われたオペラ『魔笛』が無事終了いたしました。
台風がやって来るかもしれない。
ミサイルが飛んでくるかもしれないという緊迫した
月中旬から後半にかけての日程でしたが、
幸運にも影響を受けずに開催されました。
前の週でしたら少なからず台風の影響を受けたことでしょうし、
本当についていたと思います。
その上、今回は複雑なエレベーションのある舞台装置、
しかも回り舞台が頻繁に使われ、
スッポンの上げ下げも何度か行われるという危険極まりない演出でした。

出演者もスタッフもさぞや緊張したと思います。
演出の三浦安浩さんや舞台監督の青木一雄さんが何度も注意を喚起し、
出演者も慎重に対処したため無事終了することが出来ました。
お客様もスリリングな舞台を興味深く見ていただけたと思いますが、
舞台監督の経験のある私はいつも緊張しておりました。
でも、何の事故も無く、無事終えられたのはみんなが約束事をきちんと守り、
真摯な気持ちで舞台を努めたからだと思っています。
別に危険な冒険をしたわけではありませんが、
少しでも甘い態度で臨むと往々にして事故が起こるものなのです。

ヶ月に渡る稽古が続きましたが、
全員が元気に役割を果たしてくれたことに感謝したいと思います。
演出の三浦さんはいつも物静かに自分の意図をスタッフとキャストに伝えていました。
指揮の大勝秀也さんもユーモアを忘れず厳しい稽古をしてくれました。
公演監督の松山郁雄さんに至っては、出演も兼ね
キャストとのコミュニケーションを実に巧みに取っていたと思います。

全ての参加者が気持ち良く、
作品作りに取り組んだ成果が舞台全体に溢れていたように思います。
作品の評価はあくまでもお客様が判断してくださることですが、
ひとつの目標に向かって全員が協力し合って作り上げた課程については
公演プロデューサーとして高く評価し、心から感謝しております。
お客様の感想についてはまた改めてご紹介いたしますが、
ここでは回行われた「春秋座オペラ」の中で
今回の『魔笛』が最も多いお客様に来ていただいたことをご報告し、
来年に行われる『蝶々夫人』に向かって、
さらにいい作品作りに取り掛かりたいと思います。
先ずはご協力いただいた方々に心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

(一般社団法人 達人の舘 代表/『魔笛』公演プロデユーサー 橘市郎)

     
今月2324日に春秋座で行われるモーツァルトのオペラ『魔笛』
紹介記事が京都新聞の夕刊に載りました。
歌舞伎とオペラの両方が理想的に上演出来る様に作られた
春秋座で行われる「春秋座オペラ」は今年で8回目を迎えます。
歌舞伎とオペラはともに西暦1600年を少し過ぎた頃に生まれました。
日本の京都とイタリアのフィレンツェが誕生の地です。
遠く離れた二つの都市で同時期に
歌舞伎とオペラが誕生したなんて不思議な縁ですね。

猿翁(3代目市川猿之助)が春秋座に込めた思いは、この縁を生かし、
ひとつの劇場で歌舞伎とオペラを毎年上演していくことでした。
そして、猿翁自身がこの二つを演出するはずでした。
残念ながら病に倒れたため、この構想は実現しませんでしたが、
歌舞伎は代目猿之助さんが2代目芸術監督として、
しっかり引き継いでくれています。

オペラの方も8回目を迎え、やっと軌道に乗ってきました。
初日の方はS席が完売となっています。
回り舞台、花道、スッポンなどの
舞台機構を生かした演出が評価を得たようです。
また総合芸術としてのオペラに、
教員や学生が積極的に関わってくれるようになりました。

オーデイション・システムが浸透し、
キャリアは無くとも優秀な歌手がベテランと競い合う状況が生まれてきました。
これらはビジネスではなく、春秋座オペラのありように
献身的に協力してくれている
ミラマーレ・オペラの公演監督・松山郁雄さんをはじめとする
各スタッフの皆さんのお陰です。

一人ひとりのお名前を挙げたらきりがないほど
大勢の人の協力あって成り立っている「春秋座オペラ」を
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
24
日の方はまだS席も取れると思いますので、
この機会にぜひお越しいただけましたら幸甚です。

公演情報はこちらから


2017年9月24日(日)14:00
春秋座(市バス上終町京都造形芸術大学前)
S席 一般 10000円
A席 一般 8500円
学生&ユース席 3000円(座席範囲指定)

(達人の舘 代表 橘市郎)

 

 

↑このページのトップヘ