達人の館

   本物の芸をじっくりと味う、大人のためのコンサートを企画します

カテゴリ: 達人シリーズ

31日、大阪フェスティバルホールで
「ザ・ピアニスト」という公演がありました。
辻井伸行、加古隆、レ・フレールの共演ということで2800の客席は満席。
ホールや劇場が満席というのは気持がいいものですね。

この会場が新しくなってから初めて行ったのですが
想像以上に豪華で、音響も良かったです。
実はこの日、私は鑑賞のためというよりは
レ・フレールの伊藤プロデューサーのご好意で、
10日に春秋座で開催される
「レ・フレール スペシャルコンサート」のチケットを
会場で即売させていただいたのです。


開場前と休憩時間までは枚しか売れなかったチケットが
終演後には40枚も売れました。
もう残り少ないこともあり、
後方の席にもかかわらずこれだけ買っていただけたのは
最後に登場したレ・フレールの演奏に感動したからだと思います。
やはり実際に聴いてみないと彼らの凄さ、
楽しさは分らないのでしょう。
部のレ・フレールが登場する前に、伊藤さんが
「レ・フレ-ルのコーナーとアンコールは
ぜひ客席で聴いてください」と席を取ってくださいました。
「即売の方はエスカレーターを降りた階に移ってやりますので、
最後まで聴いていただいて大丈夫です」と言われ、
ご好意に甘えることにしました。
レ・フレールの演奏が始まるや、
それまで比較的静かに聴いていたお客様が手拍子を始めました。

会場全体が熱気に包まれ、
まるでライブ会場の様な雰囲気になりました。
でも、スローテンポのバラードになると
水を打ったように静かになるのです。
「盛り上げる」「静かに聴かせる」。
この2面性こそレ・フレールの真骨頂なのでしょうね。

アンコールには何と加古隆さんが
辻井伸行さんをエスコートして登場。
台のピアノを使って合同演奏を聴かせてくれました。
それぞれ個性を持ったアーチストがお互いの才能を認め合い、
お互いの音を聴きながら演奏する姿に、胸を打たれました。

人間同士が殺しあっている現実が信じられない、
人間同士の愛に満ちた交流。
音楽には、世界を平和にする力があると
希望がわいてくる時間でした。

     レフレール_20150419_4_YKHM_SGYM_041
即売のために出かけた私に、
思いがけない感動をもたらしてくれた
4人のアーチストに感謝したいと思います。
そして、この演奏を聴く機会を与えてくださった
伊藤プロデューサー、ありがとうございました。
10日、春秋座にてお待ちしています。

このブログを見ていただいている皆様、
ぜひレ・フレールのコンサートをお見逃しなく!
チケットの残りはわずかです。

(春秋座 顧問プロデューサー・達人の館 代表 橘市郎)


チケットのお問い合わせ・お申し込み:達人の館  
電 話  075-708-8930
FAX  075-708-8934



参議院選挙が終わりました。
残念ながら、私が恐れていた結果になりましたが
あたふたしても仕方ありません。
これからも平和主義の下に政治が行われて欲しいと
訴え続けていきたいと思います。
とにかく、為政者たるもの、戦争だけは起こさないよう
細心の注意を払って欲しいものです。

       ★ ★ ★

さて、「夏山美樹 京都初コンサート」の正式な曲目が決まりました。

10日余りですが、14時の回、17時の回とも15枚ずつ残券があります。

曲目をご覧になり、どうぞお早めにお申し込みください。

一般社団
法人 達人の館
 
TEL 0757088930 FAX 0757088934        


「夏山美樹 京都初コンサート」曲目

【第1部】

Cabaret 

② この素晴らしき世界
③ メドレー
     シャレード ~ Smile ~ ニューシネマパラダイス ~ シェルブールの雨傘
追憶
New york New york

ひまわり
Over the rainbow

Cheek to cheek

I will always love you


休憩 


① マックザナイフ
② デビュー曲 京都初雪~西陣の女
③ メドレー  Take the A train summer time Route66
④ 愛のまなざし(池田公生オリジナル)
⑤ 君の瞳に恋してる

My heart will go on

⑦ なごり雪
⑧ タッチ
⑨ 奇跡

On the sunny side of the street

曲順、曲目の変更がある場合があります。ご了承ください。

natuyama
夏山美樹 京都初コンサート

1部「映画音楽」
2部「私の好きな歌」
という構成で、絶妙なトークをまじえて歌いまくります。
チラシをご覧になり、ぜひご来場ください。

チケットお申し込み
達人の館    0757088930(電話)
        0757088934FAX)へどうぞ。

達人の館がこの次お送りする公演は
「江藤ゆう子 昭和を歌う-番外編」です。
10月17日に行われた昭和60年代編で
5回シリーズを終了したのですが、
「『昭和を歌う』といいながら、
戦前の歌が全然入っていないじゃないか」とのご指摘を受け、
アンコール公演の形で5月23日(土)開催されます。

前売りを前回公演の当日に始めたところ、
70パーセントのチケットが出ましたので安心していましたが、
まだ完売には至っていません。
その後の告知をほとんどしていないので無理はありませんね。
3日前、進行台本を書き上げたところで確認しましたら、

14時の回が1枚
17時の回が10枚

残っています。
補助席が各回6枚まで可能なので、まだゆとりがございます。
約2ヶ月ありますが、まだお買い上げいただいていないお客様は
お早めにお申し込みください。

チケットお申し込み 達人の館  
0757088930 
FAX0757088934

第1部はこれまでどおり、
水野潤子さんが時代背景などを語りながら進めてまいります。
日本が太平洋戦争へと突き進むなかで生まれた名曲、14曲が歌われます。
第2部は江藤さんがこれまで歌いたいと思いながら、
時間の関係でカットせざるを得なかった15曲をお送りします。
第2部はアンコールという形で、
江藤さんが一人で歌い一人でトークしてまいります。
いわば江藤さんが構成する文字通りの独り舞台です。
ピアノの笹井順子さんと息の合ったライブが展開されることでしょう。
構成演出家の呪縛から解き放たれた、
奔放な江藤ゆう子さんをごらんいただきたいと思います。

当日は12月の総集編に向けて、
皆様からのリクエスト曲を募る
アンケート用紙も挟み込ませていただきます。
ご協力のほどよろしくお願いいたします。 
(達人の館 プロデューサー橘市郎)

1017日、「江藤ゆう子 昭和を歌うー昭和60年代編」
が、無事終了しました。
昨年6月から4ヶ月おきに5回行われたシリーズなので、
マラソンを完走したような達成感がありました。

1年半がかりで昭和のヒット曲を130曲歌った
江藤さん、ご苦労様でした。
譜面を一切見ないようお願いしたのを、
きちんと守ってくれたばかりか、
ヴォーカル・トレーニングのため東京に数回出かけたり、
筋トレまでやって自分に磨きをかけ続けた努力に
敬意を表したいと思います。

もともとはジャズ・ピアニストである笹井順子さんは、
演歌も歌曲も弾かねばなりませんでした。
弾くばかりでなくアレンジまでやってくれました。

語り手の水野潤子さんはキャリアを生かし、
まるで自分の言葉でしゃべっているような語りをしてくれました。

スタッフも最小限の人数で、しっかりと支えてくれたものです。
回こっきりで終わってしまうコンサートと違い、
それぞれが次回に向かってより良い成果を挙げようと
一丸となる醍醐味は格別のものがありました。
そして、何よりも私たちを励ましてくださったのは、
述べ650人のお客様でした。
回ともお越しいただいたお客様も何人かいらっしゃいました。

はじめ一人で来られた方が
次には2人 3人と一緒に来られた方もいます。
カラオケ仲間の方が17人まとまって
来てくれたのもうれしいことでした。
何しろ平均年齢が高いので気を使いましたが、
帰りはエレベーターを使わず、
手すりのない急な階段を昇っていく
高齢なお客さまもいらっしゃいました。
tatsujin7_A4ol
本来は5回で完結のつもりでしたが、
「昭和を歌うといいながら、
戦前の曲が1曲も入っていないじゃないか」
とのご指摘もあり、5月に番外編と称して、
アンコール公演を開催することになりました。
まだお申し込みをされていない方は
早めにお電話ください。


17日当日に前売りを始めたところ、
この日だけで80枚がでてしまいました。
ありがたいことです。

詳細は画像をクリックしてください。

改めて、5回シリーズへのご来場と番外編へのご協力に感謝申し上げます。
(達人の館  代表 橘市郎)

↑このページのトップヘ