達人の館

   本物の芸をじっくりと味う、大人のためのコンサートを企画します

カテゴリ: エッセイ

週間が早いですね。
年が明けてブログを更新したと思ったらもう週末です。
14
日に長岡京でレ・フレールと京フィルの
ジョイント・コンサートがありますが、
お陰様でチケットが完売しました。
今回は達人の舘が主催ではなく、
企画制作なので興行リスクは負っていませんが、
企画を買っていただいた会館にとっても、
出演していただくアーチストにとっても、
客席が満員になるのと空席があるのとでは全く気分が違います。
全ての関係者にとって充実感を与えてくださった
お客様に感謝したいと思います。
後は当日の演奏で、
お客様がどれだけ満足していただけるかということですね。
私自身もとても楽しみにしております。



さて、10日はロームシアターで開催された
和太鼓集団「TAO]の演奏会に行って来ました。
日頃お世話になっている高見株式会社の高見社長からご案内をいただき、
老夫婦で行ったのですが、圧倒されっぱなしの時間30分でした。
太鼓以外にもいろいろと趣向を凝らし、
質の高いエンターテインメントに仕上げられていたと思います。
彼らのストイックな鍛錬は半端ではないようです。
歴史の長い和太鼓集団「鼓童」にとっては強敵が現れたものですね。
もちろん鼓童には鼓童の色合いがあり、
日本の土の香りを感じさせて、私も大好きなのですが、
TAO
のスケールの大きさは認めざるを得ません。
これからはつの和太鼓集団がお互いに刺激し合って、
独特な個性を発揮して行ったらいいと思います。



11日に開催される「ホキ徳田の部屋」と
16日に開催される「上原まり筑前琵琶で平家物語を語る」の
公演のカラー広告が1月11日付け京都新聞の朝刊に載りました。
面での広告ですが大変良く出来た広告になっています。
京都新聞広告部でデザインしていただいたものですが、
さすがに上手いと感心しています。
ぜひご覧になってください。
そして本番当日いらしていただけましたら幸甚です。
公演とも達人の舘でチケットを扱っていますので、

TEL 075874-5931
FAX 075874-5932(FAX
にお申しいただきましたらチケットを郵送いたします。

(達人の舘 代表 橘市郎)

今週末から28日まで東京に参ります。
有馬記念、恒例の忘年会、お墓参り、家族会、
NHK
の取材などぎっしりのスケジュールです。

帰って来てからというと正しく年末なので、
今年のブログは今回を最終回とさせていただきます。
今年は13年間お世話になった京都造形芸術大学退任に伴い、
独立、引越しという節目の年になりました。
年齢的にも月で77歳となり、好むと好まざるとに関わりなく
改めて自分の年を自覚させられました。
80歳まで年しかないという感覚は、
正直言ってかなりショックです。

「一生現役」と謳いながら痛々しく思われていないかなど
弱気になったこともありました。
でも幸い健康を維持しているので公約どおり
来年も頑張りたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

そんな訳で今年は、余り実績が上げられなかった様に思います。
でも、いくつか思い出に残る出来事がありました。
3月に東京で行った「ショービジネスの殿堂ー日劇」という
トークショーでは、久しぶりに
真島茂樹さんと話が出来て楽しかったです。
4月には日本中央競馬会の機関紙「優駿」に
エッセイを書かせていただきました。
6月にはソプラノの川越塔子さんに京都で
2回目になるオペラリ・サイタルをやっていただきました。
9月には春秋座オペラの公演プロデューサーを努めさせていただき、
モーツァルトの「魔笛」を上演いたしました。
10月には「美しい日本語で気持ちを伝える」という講座を
京都と東京でやらせていただきました。
年間を通じては「ヴェルディ・サロン・ライヴ」を企画制作、
数多くの才能あるアーチストと出会うことが出来ました。

来年は、すでに1月、2月、3月と連続してコンサートが入っています。
1月には「歌舞伎とオペラ」という、通信学部の講座があり、
秋には春秋座オペラ「蝶々夫人」の公演プロデューサーも担当いたします。
ヴェルディ・サロン・ライヴも益々素晴らしいアーチストが登場してくれます。
出来ることは何でも挑戦したいと思っておりますので、
来年もどうぞお引き立てのほどをよろしくお願い致します。

皆様どうぞ良いお年をお迎えください!

(一般社団法人 達人の舘 代表 橘市郎)

12日(土)と10日(日)は連日大阪でした。
日はもと四季の沢木順さんからのお誘いで
心斎橋の大丸14階にあるホールに行って来ました。

「ハートフル・クリスマス・コンサート」という
ショー形式の楽しい催物でした。
何でも同時期に年連続でやっているとのこと。
地元の歌手、ダンサーに
達者な子供たちが大勢出て盛り上げていました。
中でも圧倒的な存在感を示していたのが
今年83歳になられた宝田明さんです。
もちろん往年のつややかな声とは行きませんが、
味わい深い説得力のある歌唱はさすがでした。

実は、私も沢木さんも45年も前に宝田明さん主演の
「ファンタスティックス」というミュージカルに参加して
北海道などの巡業を共にしていたのです。
私は当時演出補でしたが、それ以来演出家として、
プロデューサーとして長いお付き合いが続いています。

沢木さんが尊敬する大先輩を立てながら
ショーを盛り上げている姿はとても美しいものでした。
10日の日は、イタリア文化会館―大阪が主催する
シチリアを特集した催しに参加して来ました。
グランフロント大阪内のナレッジシアターで行われた
シチリアの歌コンサートでした。
まあ、大阪の活気というか煩雑さの凄まじいこと、
東京の比ではないと思いました。

実はこのコンサートで魅力的な歌を聴かせてくれたのが、
昨年の12月、春秋座オペラでカルメンを演じてくれた藤井泰子さんでした。
美貌に磨きをかけた藤井さんが歌うシチリアの歌は
哀愁に満ちた心打つものでした。
中にはフェルッチョ・タリアヴィーニの名唱で知られる
「アムーリ・アムーリ」も入っていました。
オペラ「カヴァレリア・ルスチカーナ」の舞台になった
シチリアの風土が伝わってくるようなコンサートでした。

来年11月の
春秋座オペラ
イタリア文化会館—大阪との共催を模索しています。
やはりイタリア・オペラを上演する際には、
年間を通じてイタリア文化の普及に努めている
文化会館の業績を高く評価しなければいけないと思っているからです。
実現するといいですね!

(達人の舘 代表 橘市郎)

1126日、私は朝時に起きて東京に行きました。
20日にも来年の春秋座オペラの打ち合わせで
早朝、東京に向かったばかりです。
でも、今回は競馬のジャパンカップ観戦のためなので
純粋な仕事ではありません。

かつて競馬のエッセイ賞をいただいたご褒美として、
年4回ビッグレースにご招待いただいているのです。
去年までは、ほぼ皆勤しておりましたが
今年は日曜日本番の仕事を抱えたため、初めての参加でした。
あれほど競馬に取り付かれていた私が、
以前ほど燃えてこないのは仕事の関係で
競馬と疎遠になったからなのでしょうか? 

小学校や中学校時代、淡い恋心を抱いていた女の子への想いが、
卒業後自然に消えていったように、
競馬への興味がこのまま消えていくのかと思うと
寂しいものがありました。

今回はたまたまライヴがお休みだったので、
自分の気持ちを確かめる意味合いもありました。
車中努めて睡眠時間を取り戻そうとしたのですが
興奮状態で駄目でした。
といって競馬新聞を見て検討する意欲もないのです。
久しく馬券検討をしていないせいなのでしょうか?
中央線、京王線と乗り継いで
府中競馬場に着いたのは12時ちょっと前でした。

久しぶりに再会した同室の招待者と挨拶を交わしましたが、
いつも一番乗りを争っていた演芸評論家の矢野誠一さんが
欠席されていたのは残念でした。
競馬会の担当者にも矢野さんと私がレース前に来ないので
拍子抜けしたと冗談を言われました。

楽しみにしていたバルコニーからの観戦でしたが、
寒いのと視力が落ちたせいか
走っている馬のゼッケン番号が読めないので、
すぐ室内に戻り、テレビ観戦に変えました。

折角臨場感溢れる生観戦を楽しみにやってきたのに
何と言うことでしょう。
こんなことでは馬券も当たらないぞと思いましたが
案の定ジャパンカップは、期待したサトノクラウンが10着と惨敗。
でも、9レースの3連単を的中させたので、
この日の収支はトントンでした。
今日は冴えないご報告でしたが、
それでも競馬は最高にドラマチックで美しい競技だと思いました。

生産者、育成者、管理者、オーナー、騎手、開催者、ファン、
それに何よりも走るために極限までに仕上げられた馬。
競馬場のコースとスタンド。長い歴史の積み重ね。
エンターテインメントに携わるものが学ばねばならぬ
要素がびっしり詰まっています。
決して単なるギャンブルではありません。
今回は競馬の壮大さを改めて、冷静に感じさせてもらいました。

(達人の舘 代表 橘市郎)

 

チケットの売り出しやライヴが重なり
宣伝臭の強いブログが続きました。
実はもっと早く書きたかったのですが
半月遅れのことで申し訳ありません。
11月1日、私は大阪梅田芸術劇場に
「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」という
ミュージカルを見に行きました。

島田歌穂さんのマネージャーをやっている藤野清一さんから
ぜひ見て欲しいとご招待されていたものの、
なかなかスケジュールが取れず、
千秋楽間際になってやっと見ることが出来ました。
何ヶ月か前にテレビで紹介された練習風景を見ていて、
主演のお子さん達が厳しい訓練を受けていることは知っていました。
しかし今までも「アニー」「オリバー」など
子役が活躍したミュージカルは何本も見ているので、
それほどの期待はしていませんでした。

当日、劇場に着いてみると
まずお客さまの多いのにびっくりしました。
東京で約ヵ月半、大阪で約20日間という
ロングラン公演をやってきたと言うのに、
いやそれだからこそ、評判を聞いて駆けつけたお客様で
満員の状態だったのでしょうか?
2000人を超えるキャパの劇場が
これだけいっぱいである風景は久しぶりに見ました。

さびれて行く炭鉱の町から、
一人の少年がバレエ・ダンサーとしての才能を見出され、
次第に回りから応援されるようになるというサクセス・ストーリーは
それほどびっくりするものではないのですが、
見ものは成長していく少年の姿、
訓練によって不可能が可能になる実態が
ストレートに見られることでしょう。

少年は才能があれば磨くことによって、
これだけのことが出来うようになるという
実験結果を見せられているようでした。
最後は頑張った少年の姿に誰もが感動し、
惜しみない拍手を送っていました。

父親役の吉田鋼太郎さんも、
バレエの先生役の島田歌穂さんも好演でした。
少年が逆境ながらも次第に才能を発揮していく課程で、
立場は違いながら、力になっていく愛情をよく表現していました。

いい意味で、商業ベースだからこそ成し得た
スケールの大きい公演に拍手を送りたいと思います。

島田歌穂さん、藤野清一さん、
素晴らしいミュージカルを見せていただき
ありがとうございました。

(達人の舘 代表 橘市郎)

↑このページのトップヘ