一瞬の静寂

音楽・演劇プロデューサー・橘市郎のブログ。日々思ったことを綴っています。 東宝(株)と契約し、1973年にプロデユーサーに。1981年独立後は、企画制作会社アンクルの代表をつとめ、中野サンプラザからの委嘱で「ロック・ミュージカルハムレット」「原宿物語」「イダマンテ」を、会社解散後は「ファンタステイックス」「ブルーストッキング レデイース」などのミュージカルを制作。 2001年京都芸術劇場の初代企画運営室長。

カテゴリ: エッセイ

最近は何処の店に行ってもアルコール消毒の備えがあります。
当然のように誰もがそれを利用しています。しかし薬品がこれほどお手軽に使われていて大丈夫なのでしょうか? 従来のように石鹸で丁寧に手を洗い、水で良くうがいするのでは駄目なのでしょうか?これほどアルコールが何処でも手軽に使われていると逆に弊害はないのでしょうか?

「毒をもって毒を制する」という考え方が本当にいい事なのか、副作用はないのだろうかと心配してしまいます。もともと「目には目を」という考え方もありますが、それが人間にとって良いことだったのでしょうか?

これこそ歳をとって消極的になった証拠かもしれません。夢と希望に満ち溢れている若者と80歳の老人とでは当然違った感覚を持っていることでしょう。でも少しでも地球を大切にし、人類が平和に共存共生して行くためには譲り合いの精神が必要です。素朴な片田舎の人たちのように労わり合いながら、自然とともに生きていく一生こそ人間味に満ち溢れているように思います。東京で生まれ育ち、京都に住むようになった私が厳しい自然の中で生活していく事は多分無理でしょう。

せめて経済最優先といった風潮には染まらずに素朴に生きて行きたいものです。

(音楽・演劇プロデューサー 橘市郎)


新型コロナ・ウイルスに苦しめられている最中というのに、今度は熊本、鹿児島、宮崎といった地域が大雨で大変な災害に見舞われています。
災害に見舞われた方たちのことを思うと、何も出来ない自分が不甲斐なく、胸が締め付けられます。被害にあわれた方たちにはお年寄りが多く、多分先祖代々その土地に育ってこられた方なのでしょう。どうかまずは身の安全を第一に避難されるよう祈っています。

今回の災害は天変地異とはいえ、もともとは人間が経済優先で地球を痛みつけてきた結果なのです。あちらこちらで行われている核実験。海を汚し続けてきたプラスティックごみ。地球が異常気象に陥らないはずがありません。全てがエゴに走る人間が引き起こした事と反省しない限り、地球の怒りは治まらないでしょう。

今こそ共存共栄が大切な時ではないでしょうか。自己中心に物を考えるのではなく、如何にしたらお互いが助け合えるのかを考える。相手の立場を尊重しながら、ともに生きて行くにはどうすればいいのか。何を譲り合えばともに生きて行けるのか?相手がコロナ・ウイルスであっても100パーセント抹殺するのではなく、共存共栄していくことを考えるのが「智恵」ではないでしょうか。

何事も一方が独り占めすれば、一方は文無しになります。やはり分かち合う事が必要なのでしょう。
「働かざるもの食うべからず」は資本主義の原則、共産主義は怠け者の温床、こうした極端な考え方からの脱却こそがこれからのテーマのような気がします。

(音楽・演劇プロデューサー   橘市郎)

 

父親が遺してくれたまま本棚にあった文庫本を自粛生活中に完読しました。
これも新型コロナ騒ぎがもたらしてくれた恩恵です。結構体力が要りましたが、作家が足かけ18年かかって完成させたことを考えたら罰が当たりそうですね。

競走馬にもステイヤーがいたり、スプリンターがいますが山岡荘八は正しく名ステイヤーです。徳川家康が当時としては長生きをして15代に亘る徳川時代の基礎を築いた功績は凄いと思いました。家康も人間ですから私欲や功名心が無かったわけではありません。しかし最後には泰平を願いこの世を去っていく様が丁寧に描かれていました。織田信長、豊臣秀吉をはじめとする登場人物は多岐に亘り、細かいエピソードが次々と紹介されていく博識には敬服するしかありませんでした。

学生時代から多数の文藝作家やその作品に接したきましたが山岡荘八のような作家を、単に大衆作家として扱うとしたら不公平のような気がします。
最も世の中の風潮として何が基準で評価がなされていくかが判然としないのは単に文藝作家だけではないようですね。世の中にはそれなりの評価をすべき人や作品が数多くあります。「素晴らしいものを素直に評価する心」を持ち続けたいものです。
(音楽・演劇プロデューサー    橘市郎)

67日の「安田記念」の大本命アーモンドアイが着に敗れました。

ほとんどの人が楽勝を信じていましたが、私は「競馬に絶対はない」と思っていました。過去の名馬たちが乗り越えられなかった壁をアーモンドアイも乗り越えられなかったという事でしょう。
週間しか間のあかない出走、もともとスタートの良くない馬の内枠、圧倒的な人気のプレッシャー。ルメール騎手も大変だったと思います。でも最後の足はさすがでしたね。しっかり休養してまた秋には再び雄姿を見せて欲しいものです。


大分前に購入したものの、なかなか聴く時間がなかった「島津亜矢の世界」というCDの全集を聴きました。これもコロナ騒ぎのお陰かもしれません。彼女の歌唱力は随分前から注目していたのですが、「イヨマンテの夜」、「ヨイトマケの唄」、「喝采」、「昴」、「I WILL ALWAYS LOVE YOU」などの曲が入った第6集は特に興味がありました。あの声でどんな歌を聴かせてくれるのか?
結果は期待に違わず迫力満点、声が素晴らしいのは言うまでもないのですが、日本語の美しさや感情表現の細やかさは想像以上に感動させられました。決して声量があるだけの歌唱ではなく歌に説得力があるのです。彼女が長年チャレンジしてきた浪曲物や民謡物、そして芝居物が結実した感じです。歌のうまい歌手、声のいい歌手は今までも色々といましたが総合的にこれだけのスケールを持っている人はいなかったように思います。

オペラ好きの私がこれほど演歌歌手に感心したのも珍しいので、同好の方々の感想もぜひ訊いてみたいものです。

ところで、私の妻は熱烈なカラオケ愛好家ですが島津亜矢をどう思っているのでしょうか?「立派な声ね。でも何んでも声張り上げて唄うのがワンパターンみたい」なるほど世の中様々。複雑そのものです。
(音楽・演劇プロデューサー   橘市郎)

今年のダービーは無観客で行われましたが、あのディープインパクトが帰ってきたようなレースでしたね。胸が熱くなりました。競馬はブラッドスポーツと言われる事がありますが全くその通りだと思います。ジョッキーの福永騎手も父親以上の騎乗振りを見せてくれ、これも血という物を感じさせてくれました。無観客であっても、あれだけ感動させてもらったのは幸せでした。

今度、コントレイルが競馬場に登場する時は、ぜひ満員の観客に迎えられることを祈りたいものです。

それにしても私たちに夢を与えてくれる競馬というスポーツには連続したドラマがあり素晴らしいですね。私もまた競馬場に1観客として行けるのを楽しみにしていたいと思います。

*

先日、BSテレビでチャプリンの「ライムライト」を観ました。
以前にも観た様な記憶がありますが、今回はチャプリンが表現したかったことをより理解出来たような気がします。一お笑い芸人として、意地を貫き通そうとした男の生き様が見事に描かれていました。

精神的な欠陥からバレエが踊れなくなったダンサーを励まして再起させる年老いた芸人。その優しさに引かれて老人と結婚したいと思うようになるダンサー。そうした中でも道化役としての人生を全うしようとして、舞台上で怪我をして亡くなっていく老人。チャプリンの人生観が伝わってくるような幕切れに思わず涙しました。

人間の一生は富や名声を求めるのではなく、如何に自分自身のアイデンティティに忠実に生きるかなのだと言う事を教えられた気がします。

(音楽・演劇プロデューサー   橘市郎)

 

↑このページのトップヘ