一瞬の静寂

音楽・演劇プロデューサー・橘市郎のブログ。日々思ったことを綴っています。 東宝(株)と契約し、1973年にプロデユーサーに。1981年独立後は、企画制作会社アンクルの代表をつとめ、中野サンプラザからの委嘱で「ロック・ミュージカルハムレット」「原宿物語」「イダマンテ」を、会社解散後は「ファンタステイックス」「ブルーストッキング レデイース」などのミュージカルを制作。 2001年京都芸術劇場の初代企画運営室長。

カテゴリ: エッセイ

テレビをつけても、新聞を開いてもコロナ、コロナの記事で一杯ですね。まさに世界中がコロナの脅威におびえています。
状況が毎日毎日悪化していく感じで誰もが暗い気持ちになっています。こんな時に思い出すのがドリス・ディが歌って大ヒットした「ケ・セラ・セラ」という曲です。当時は「先のことなど判らない。ケ・セラ・セラ」という歌詞を聴いて、随分無責任な歌詞だなと思っていましたが、今はその通りだなと共感しています。どんな事態になろうとも先のことなど誰にも判らないのです。

競馬の予想と同じで、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」なのです。そうであれば都合のいい結果を期待して、最善の備えをした後はどっしり構えるしかありません。楽観過ぎると思われるかも知れませんが「先のことなど判らない」というのは真実です。ともすれば悪い結果に怯え右往左往するのはかえって危険です。

皆さん、我々庶民は自分に出来る事を誠実に実行するしかありません。
慌てず騒がず落ち着いて行動しようではありませんか。


先日、BSの「ザ・インタビュー」という番組に由美かおるさんが出演しているのを見ました。相変わらずプロポーションを維持され、西野式の呼吸法を教えている若々しい姿を見てうれしく思いました。
由美かおるさんは私の大好きなアイドルであると同時に、仕事上大変縁の深い人でもありました。日劇で山城新伍さんと共演された「かごや三銃士」というミユージカルや同じく日劇で行われた「グリース」というブロードウエイ・ミュージカルに主演していただいたのです。合気道を紹介するショーにも特別出演していただきました。

由美さんは京都の八百屋さんのお嬢さんで、芸事に関しては根性娘でしたが育ちはおっとりした品のある京女でした。後年、絵を描いたり、アコーデオンに挑戦したりしましたが、その多芸さは驚くばかりです。どんなに売れっ子になっても恩師である西野先生を慕っている律儀さが由美さんの人柄といえるでしょう。

年ほど前でしょうか、大学の方に訪れてくれた時には子供芸大まで行ってピアノの弾き語りを披露してくれましたが、その演奏が春秋座の舞台で聴けることはありませんでした。今でも由美さんの春秋座公演が実現できなかったのが残念でなりません。これからも益々元気にご活躍されますことを祈っています。

京都にお越しの際はまたお目にかかれるといいですね。

(音楽・演劇プロデューサー  橘市郎)

 

 

新型コロナ・ウイルスの発生以来いろいろ異変が起こっています。何処の薬局、スーパーに行ってもマスクやトイレット・ペーパーがないという事態です。こういう事態を見て私はあることを思い出しました。

私は春秋座という劇場の運営に携わっていた時、何回か非常時の避難訓練をやっていました。
普段ならば劇場が終演してから、お客様が退出されるので流れはスムースなのですが、万が一火災や地震が発生した時には、出口に殺到するお客様でパニック状態に陥りやすい非常時こそ慌てないということが如何に大事かを知って貰いたかったのです。

今回の事態は一種のパニックと言っていいでしょう。
自分だけは助かりたいと思うのは、生存本能かも知れませんが、そこを冷静になって考えて欲しいのです。我先にと殺到することが危険なのだということを。
マスクやトイレット・ペーパーが何時までも無くなるなんて事はないのです。
何かあると、わっと同じ方向に向かって走る群集心理に陥らないようにしたいものですね。


北大路欣也さんは早稲田文学部の演劇科出身で私の年後輩ですが、在学中は全くご縁がありませんでした。ところが帝劇杮落しのミュージカル「スカーレット」で二人は突然出会うことになります。
私はこの時、音楽担当の演出助手をしていたのですが、主役のレッド・バトラー 宝田明さんが映画の撮影中怪我をされ、急遽代役に北大路さんが選ばれたのです。
初日まで1週間、私は練習室に北大路さんと音楽指導の先生とこもり特訓を重ねました。
その結果、彼は俳優でありながら才能と努力で立派に代役を務め、公演を大成功に導いてくれました。

この時のハイライトLPが在りますが、今聴いても素晴らしい歌唱に吃驚させられます。
この時の歌唱が忘れられず、北大路さんには後年、中野サンプラザでのコンサートやいくつかのホテルのディナーショーもやっていただきましたが、石原裕次郎さんにも負けず劣らずの成果を挙げてくれたものです。最近は年賀状のみの交流になっていますが、その礼儀正しい人柄は相変わらずです。

その北大路欣也さんがよく言っていた「人は生かされている」いう言葉が最近味わい深く感じられるようになりました。若い頃は「生きる」という言葉ですんでいたのですが、「生かされている」がひしひしと迫ってくるのです。私が歳をとってようやく解って来たことを北大路さんは若くして理解していたなんて凄いですね。

またお会いしてこんなお話もしてみたいと思いますが、お忙しいので無理でしょう。
せめて新しいドラマを拝見するのを楽しみにしています。

(音楽・演劇プロデューサー    橘市郎)


連日テレビや新聞で新型コロナウイルスに関することが報道されています。
確かに世界中に拡大する感染は今までに経験されたことの無いほどの事件で、
誰が被害にあっても不思議でない脅威といえます。
まさにこのピンチを如何に乗り越えるかは、
オーヴァーに言えば人類の叡智が試されていると言っていいでしょう。

自国の利益のみを考えることに対する戒めなのです。
こうしたピンチを乗り越え世界中が仲良くなれたらいいな
と思うのは私だけではないと思います。
「災い転じて福となる」が実現することを信じたいですね。
「冬来たりなば春遠からじ」と言う言葉もあります。
希望を抱いて毎日を過ごしたいものです。

押入れを整理していたら、1枚のLPが出てきました。
「青春の落書き」という若い女性デュオのもの。
「私はウエイトレス」「チキチキに乗って」などが入っている
「ピコ」のレコードでした。
「ピコ」と言ってご存知の方がいらっしゃるかどうか分かりませんが、
彼女らはデビュー間もない頃、私がやっていた「アンクル」という事務所のタレントでした。
私の力足らずでほとんど力になれなかったことを大変申し訳なく思っています。
今では何処でどうされているかも分からないのですが、作詞・作曲もする有能な二人でした。

当時まだ新進のシガー・ソングライター松山千春さんが
彼女たちに曲を提供していたほどだったのです。
私は改めてこのアルバムを聴いて今でもその才能は素晴らしかったと思っています。
そしてアーチストが売れるかどうかが紙一重であることに愕然とするのです。
ピコのお二人、力足らずだった私を許して下さい。
今頃お二人はどうしているのかな?
消息をご存知の方がいらしたらぜひ教えて下さい。

(音楽・演劇プロデューサー   橘市郎)

「自国第1主義」を叫ぶ大統領がいる一方、
世界全体がウイルスの感染拡大に慄いています。
世の中が便利になって地球が小さく感じられるようになり、
今までだったら「対岸の火事」のように眺めていた事が
自らに影響してきたと言っていいでしょう。
そう、もはや世界全体のことを考えないといけない時代に入ったのです。
各国が自分の国さえ良ければいいと思っていると、
火の粉が自分の国にも降ってくるのです。
賢明で、良心ある若い人たちの中にはこうした事態を危惧している人もいます。
「災い転じて福となる」という諺があるように、
ウイルスの拡大を防ごうとすることで
世界が協力し合うようになるといいですね。

未だに自国のことばかり考えている指導者から、
世界全体のことを思う救世者が出て来て欲しいものです。
でもそういう人の出現を待望する自分の無力さを考えると、
「言うだけなら誰にでもいえるよ」と罵られそうです。
偉そうな事は言いませんが
「いろいろなことが地球全体に影響を及ぼす時代になった」
ことは確かなようです。
「井の中の蛙」にならないよう、
視野を広くしたいと今更のように思います。

                    *


2月9日の大相撲トーナメント大会で、白鵬と炎鵬の対戦が実現しました。
本場所ではないとは言うものの館内は大いに沸いたようです。
結果は横綱が甘くみたのか炎鵬の見事な下手投げに横転しました。
多分に観客を喜ばそうとする演出にも見えるほどきれいに決まったのです。
でも私はこんなに鮮やかな投げは久しぶりに見たような気が致します。
炎鵬は身体も一回り大きくなったし、
春場所も予想以上に活躍してくれることでしょう。
体の小さい力士が大きな力士を下す魅力は格別ですね。
1戦1戦が楽しみな春場所ももう直ぐです。
(音楽・演劇プロデューサー   橘市郎)

2月2日に春秋座で高校演劇を見てきました。
この企画は春秋座がオープンした2000年からずっと続いている企画で、
私の思い入れが強いものの一つです。
大学としては利益を度外視した企画とはいえ、
毎年負担をかけ申し訳なく思っていました。

第1回は1階の客席も半分くらいしか埋まらず寂しいものでした。
少しづつ内容も充実し、その知名度も増してきたとはいえ
2階席までお客様が入ることは無かったのです。
ところが今年は2階席もほぼ完売と言う情報が入ってきました。
確かに今年は、常連の大谷高等学校が優秀賞、
地元京都の洛星高等学校が最優秀賞に選ばれたということもあったでしょう。
アニメブームに乗ってチラシのデザインを学生から公募したこともあったでしょう。
しかし、根本的にはスタッフが若返ったことが大きかったと思います。
おじさんが頭で考えたことを実感として取り組んでくれた結果なのです。

客席の熱気は大変なもので、私は夢を見ているようでした。
舞台も春秋座の舞台機構を存分に使い充実していましたが、
私は今ひとつ若い人たちが笑っている内容について行けず、 挫折感を味わっていました。
でもこれは世代間のギャップで仕方の無いことと思いました。
これからは若い人たちが「演じる高校生」を大いに盛り上げていって欲しいものです。



2月3日は節分。今年もあちこちで「福は内!鬼は外!」の声が聞こえてきます。
我が家でも長い間この習慣を何も考えずに実行していました。
しかし今年になって、これはどこかトランプさんの
「自国第1」を叫ぶ掛け声に似ていると思うようになりました。
「我らが幸せなら他はどうでもいい」と言っているように思えたのです。
もちろん、そんなことは無いでしょうが、
人は誰も幸せと不幸の両方に出会うものです。
そのどちらに出会ってもめげずにそれを乗り越えていくように
前向きに努力していくことが必要なのです。

パラリンピックの選手達が前向きに人生を見つめて
挑戦されていることに 感動を覚えない人はいないでしょう。
幸福も不幸もともに訪れておかしくない現実に
一生懸命対応していくことこそ大切なような気が致します。

 「富める人も、貧しい人も
お互いに尊敬しあう世の中になって 争うことがなくなるといいな」

と思う反面、そうなったら優勝も昇進も無くなってしまうぞ!
と慌てふためく自分。
結局人間って我欲が強い生き物なんですね。
誰も美味しいものを食べ、美しいものを着て、快適な家に住みたいのですから。
適当に。程ほどに。中庸に。平凡にと思うなんて、私も年を取ったものですねえ!!

(音楽・演劇プロデューサー   橘市郎)

↑このページのトップヘ