達人の館

   本物の芸をじっくりと味う、大人のためのコンサートを企画します

カテゴリ: コンサート

週間が早いですね。
年が明けてブログを更新したと思ったらもう週末です。
14
日に長岡京でレ・フレールと京フィルの
ジョイント・コンサートがありますが、
お陰様でチケットが完売しました。
今回は達人の舘が主催ではなく、
企画制作なので興行リスクは負っていませんが、
企画を買っていただいた会館にとっても、
出演していただくアーチストにとっても、
客席が満員になるのと空席があるのとでは全く気分が違います。
全ての関係者にとって充実感を与えてくださった
お客様に感謝したいと思います。
後は当日の演奏で、
お客様がどれだけ満足していただけるかということですね。
私自身もとても楽しみにしております。



さて、10日はロームシアターで開催された
和太鼓集団「TAO]の演奏会に行って来ました。
日頃お世話になっている高見株式会社の高見社長からご案内をいただき、
老夫婦で行ったのですが、圧倒されっぱなしの時間30分でした。
太鼓以外にもいろいろと趣向を凝らし、
質の高いエンターテインメントに仕上げられていたと思います。
彼らのストイックな鍛錬は半端ではないようです。
歴史の長い和太鼓集団「鼓童」にとっては強敵が現れたものですね。
もちろん鼓童には鼓童の色合いがあり、
日本の土の香りを感じさせて、私も大好きなのですが、
TAO
のスケールの大きさは認めざるを得ません。
これからはつの和太鼓集団がお互いに刺激し合って、
独特な個性を発揮して行ったらいいと思います。



11日に開催される「ホキ徳田の部屋」と
16日に開催される「上原まり筑前琵琶で平家物語を語る」の
公演のカラー広告が1月11日付け京都新聞の朝刊に載りました。
面での広告ですが大変良く出来た広告になっています。
京都新聞広告部でデザインしていただいたものですが、
さすがに上手いと感心しています。
ぜひご覧になってください。
そして本番当日いらしていただけましたら幸甚です。
公演とも達人の舘でチケットを扱っていますので、

TEL 075874-5931
FAX 075874-5932(FAX
にお申しいただきましたらチケットを郵送いたします。

(達人の舘 代表 橘市郎)

1
よく「来年のことを言うと鬼が笑う」と言いますね。
そんな先のことを言ったって何が起こるか
分からないのにと言うことなのでしょう。
確かに今の世相は全くその通りのように思います。
だからと言って先の準備をしないことには、
私のような仕事は成り立ちません。
いつも無事を祈りつつ、歩みを進めていると言うのが本当のところです。
でも考えてみれば、全ての人々がそうなのではないでしょうか?
誰だって半年先の事どころか、明日のことだって判らないのです。
「希望」と言う言葉は将来に寄せる期待、見通しですから、
「明日も無事に生きていたい。多分生きているだろう」と
思うことなのでしょう。
希望をもって進まなければ人は生きて行けません。
と言うわけで、達人の館では以下のコンサートを行います。

企画制作
14日(日)

レ・フレール スペシャルコンサート

~京都フィルハーモニー室内合奏団と共に~


レフレール-1
IMG_0004
主催公演
11日(日)
ホキ徳田の部屋
IMG_0002

主催公演
16日(金)
筑前琵琶 上原まり平家物語を語る
IMG_0006
IMG_0001
詳細はチラシをご覧いただきたいのですが、
どれも達人の舘らしい企画と自負しております。
毎晩のようにテレビや週刊誌を賑わしている人たちではありませんが、
間違いなく「達人」と言われるに相応しい芸と味を持った人たちです。
どうぞご自分の目で、耳でお確かめください。

達人の舘ではお申し込みいただき次第チケットをお送りし、
到着してからお振込みいただくシステムをとっております。
チラシをご覧の上ご一報いただきますようお願い致します。

TEL 075874-5931
FAX 075874-5932
ブログの送信フォームからもお承りします。



1029日のヴェルディ・サロン・ライヴは
またしても台風に悩まされました。
17時開場の頃が最も京都に近いところを通るというので、
決行は決めていたものの、
キャンセルが続出するのではと覚悟を決めていました。

オーナーの続木さんも
12、3名のお客様だと思います」
と申し訳なさそうにおっしゃるので
「こういう状況ですので仕方ないです。
やると決めた以上は人でもお客様がいらしたら
やらねばなりませんね」
と言っているところに
出演の泉谷更沙さん、後藤彩子さん、山下まりえさんが到着しました。

泉谷さんが最終的な予約名簿を続木さんに渡しているのを見て、
「またキャンセルが増えたかな」と思いました。
ところが30名くらいのお客様はお見えになるとのこと。
うれしかったですね。
この悪天候の中駆けつけてくださったお客様
本当にありがとうございました。

演奏が始まる頃には雨も上がり、
終演の頃には台風一過のさわやかさまで感じられました。
週続けての台風騒動。貴重な体験でした。

レフレール-1
さて、達人の舘が企画制作を依頼された
長岡京記念文化会館での公演
「レ・フレールスペシャルコンサート
~京都フィルハーモニー室内合奏団と共に~」

の前売りが始まりました。

来年14日(日)の公演ですので約ヶ月前の売出しです。
昨年10月に春秋座で単独コンサートをした時はほぼ満員でしたので、
今回もたくさんのお客様が来てくださることでしょう。

達人の舘でも若干枚数のチケットを販売させていただいていますので、
どうぞお申し込みください。
いつものように
TEL 075874-5931
FAX 075874-5932
でお申し込みいただいた方にはチケットを郵送し、
到着次第、同封の振込用紙で入金していただく方法を取っています。残
りわずかですのでお早めにどうぞ!

達人の舘では月、月にも個性的なコンサートを主催いたします。
チラシも出来ておりますので
次回のブログ更新時にはご紹介したいと思っています。
どうぞお楽しみに。
(一般社団法人 達人の舘 代表 橘市郎)

今日は10月のヴェルディ・サロン・ライヴのご紹介をいたします。

まず1015日(日)フルートの池田清美さんで、
ピアノ伴奏は「江藤ゆう子 昭和を歌う」で
お馴染みの笹井順子さんです。
お二人はベテランの演奏者ですが、
今回は江藤ゆう子さんを通じて出演を依頼しました。

池田さんはクラシックのみならず幅広いレパートリーを持ち、
ジャズやポップスにおいても素晴らしい感性を発揮しています。
笹井さんは作曲・編曲も手掛け、
私が尊敬しているマルチ・タレントです。
お客さまの心理を充分に知り尽くした
お二人のエンターティナーぶりが楽しみです。

                 ★

1022日(日)は毎回
テノール
の醍醐味を満喫させてくれている
井藤航太さんの登場です。
井藤さんは東大の医学部卒業という
異色のキャリアを持った方ですが、
東大在学時からオペラの主役を務めてていました。
卒業後は毎年イタリアに渡り、
往年の名歌手や名指揮者の指導を受けています。
先輩である東大卒の川越塔子さんと同様、奔放な姿勢が素晴らしく、
伸びのある高音はイタリアのテノール歌手を思わせるものです。
井藤さんはイタリア研修仲間の井上大聞さんに紹介されました。

なお、この日のピアノ伴奏はチラシに坂口航大さんとありますが、
正しくは塚田尚吾さんです。
当日塚田さんのプロフィルを別刷りで配布させて頂きます。
坂口さんにもお詫びいたしました。

                 ★

10
29日(日)ヴァイオリンの泉谷更沙さん
ヴィオラの後藤彩子さん
メゾソプラノの山下まりえさんのジョイント・コンサートです。
泉谷さんと後藤さんは初夏に一度登場していただきましたが、
息の合った繊細な演奏が好評でした。
今回は山下さんを加えての豪華な共演ですが、
ピアノ伴奏を入れず弦のみの音色に声が加わるという興味深いものです。
曲目もミュージカル・ナンバーがあったり、
バラエティーに富んでいます。
カフェ・ヴェルディの空間にぴったりの
大人のアンサンブルをお楽しみ下さい。

サロン・ライヴは早くも丸1年となります。
皆様のご協力があって、軌道に乗ってまいりました。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
ライヴを楽しむには絶好な季節、
ご来場を心よりお待ち申し上げております。


予約・お問い合わせ 
カフェ・ヴェルディ TEL(075) 746 - 4310

(達人の舘  代表 橘市郎)



9月18日、台風一過の秋晴れの日にオペラ「魔笛」の舞台稽古が行われました。
今年は月に日間、春秋座での稽古はあったものの、
ほとんど大阪、兵庫での稽古だったためなかなか立ち会えず、
スタッフ、キャストとも久しぶりの再会でした。
照明、衣装は地明かり、稽古着でしたが
舞台装置は本番どおり仕込まれた中での稽古。
柴田隆弘さんと学生が作り上げたユニークな立体的なセットは
スタッフ、キャストにやる気を起こさせるものでした。
歌も台詞もほぼ仕上がっていて、稽古の厳しさが伝わってきました。
公演監督の松山郁雄さん、演出の三浦安浩さん、
指揮者の大勝秀也さんを始めとする
スタッフの献身的な働き振りが伝わってきました。

主役クラスの充実した歌唱、演技は当然ですが、
私が特に感心したのは、組の侍女と童子の活躍ぶりです。
お互いが初日組みと2日目組に負けまいとする、
いい意味でのライバル意識をむき出しにして、
切磋琢磨している姿は清々しさを感じさせました。
侍女組みは、もともと歌唱力があるメンバーが揃っていますが、
緻密なアンサンブルといい、
一人ひとりのキャラクター作りに工夫のあとが見え、
奥行きのある侍女トリオとなっていました。

童子組みは、これがオペラ歌手? と
目を疑いたくなるような躍動感溢れる動きをしています。
ミュージカル・タレントのようなオペラ歌手たちの
出現といっても過言ではありません。
もちろん歌唱はしっかりしたオペラ歌手のものです。

幕が上がる前に余りほめてはいけませんが、
この2組のアンサンブルの活躍が
他の役の人たちに刺激を与えているのは事実です。
もう5日もしないうちに初日の幕が上がりますが、
オペラ・ファンのみならず、オペラが初めての人にも楽しく
聴いて、見ていただける作品になることは間違いありません。
当日売りも若干ございますのでぜひお見逃し無く。
今までの「魔笛」では見られなかった溌剌としたエンターテインメントです。
それにしてもモーツァルトの音楽は美しいですね。

(達人の舘 代表 橘市郎)
詳細はこちら
(チラシをクリックすると特設サイトにジャンプします)

9月23日(土)14:00 S席は完売
  24日(日)14:00
春秋座(市バス上終町京都造形芸術大学前)
 S席 一般 10000円
 A席 一般 8500円
 学生&ユース席 3000円(座席範囲指定)

↑このページのトップヘ